立石寺『奥の細道』品詞分解

本文

山形領やまがたりやう立石寺りふしやくじといふ山寺やまでらあり。慈覚大師じかくだいし開基かいきにして、ことに清閑せいかんの地なり。一見いつけんすべきよし、人々のすすむるによりて、尾花沢おばなざはよりとつて返し、その間七里しちりばかりなり。日いまだ暮れず。ふもとのぼうに宿借りおきて、山上さんじやうの堂に登る。いはいはほを重ねて山とし、松柏しようはくとしり、土石どせき老いて苔なめらかに、岩上がんしやう院々ゐんゐん扉を閉ぢて、物の音聞こえず。岸を巡り岩をはひて、仏閣をはいし、佳景かけい寂寞じゃくまくとして心澄みゆくのみ覚ゆ。

しづかさや いはにしみ入る せみこゑ

奥の細道

品詞分解

「名詞」と「接続助詞」には言及していません。

何も書いていないものは「名詞」か「接続助詞」です。

山形領やまがたりやう

に 格助詞(場所)

立石寺りふしやくじ

と 格助詞(引用)

いふ 動詞(ハ四・連体)

山寺やまでら

あり 動詞(ラ変・終止)


慈覚大師じかくだいし

の 格助詞(連体修飾)

開基かいき

に 助動詞(断定・連用)

して

ことに 副詞

清閑せいかん

の 格助詞(連体修飾)

なり 助動詞(断定・終止)

一見いつけんす 動詞(サ変・終止)

べき 助動詞(適当・連体)

よし

人々

の 格助詞(主格)

すすむる 動詞(マ下二・連体)

に 格助詞(理由)

より 動詞(ラ四・連用)

尾花沢おばなざは

より 格助詞(起点)

とつ 動詞(ラ四・連用)*促音便

返し 動詞(サ四・連用)

そ 代名詞

の 格助詞(連体修飾)

七里しちり

ばかり 副助詞(程度)

なり 助動詞(断定・終止)


いまだ 副詞

暮れ 動詞(ラ下二・未然)

ず 助動詞(打消・終止)


ふもと

の 格助詞(連体修飾)

ぼう

に 格助詞(場所)

宿

借りおき 動詞(カ四・連用)

山上さんじやう

の 格助詞(連体修飾)

に 格助詞(場所)

登る 動詞(ラ四・終止)


いは

に 格助詞(対象)

いはほ

を 格助詞(対象)

重ね 動詞(ナ下二・連用)

と 格助詞(結果)

し 動詞(サ変・連用)

松柏しようはく

とし

り 動詞(ラ上二・連用)

土石どせき

老い 動詞(ヤ上二・連用)

滑らかに 形容動詞(ナリ・連用形)

岩上がんしやう

の 格助詞(連体修飾)

院々ゐんゐん

を 格助詞(対象)

閉ぢ 動詞(ダ上二・連用)

の 格助詞(連体修飾)

聞こえ 動詞(ヤ下二・未然)

ず 助動詞(打消・終止)


を 格助詞(場所)

巡り 動詞(ラ四・連用)

を 格助詞(場所)

はひ 動詞(ハ四・連用)

仏閣

を 格助詞(対象)

はいし 動詞(サ変・連用)

佳景かけい

寂寞じゃくまくと 形容動詞(タリ・連用) 

して

澄みゆく 動詞(カ四・連体)

のみ 副助詞(限定)

覚ゆ 動詞(ヤ下二・終止)



しづかさ

や 間投助詞(詠嘆)

いは

に 格助詞(対象)

しみ入る 動詞(ラ四・連体)

せみ

の 格助詞(連体修飾)

こゑ