みだり心地はまだおこたりはてねど、(大和物語)

〈問〉次の傍線部の古文を現代語訳せよ。

みだり心地はまだおこたりはてねど、いとむつかしう心もとなくはべればなむ参りつる。

大和物語

みだり心地/は/まだ/おこたり/はて/ね/ど、

〈名詞〉みだり心地

「みだり心地」は「乱り心地」です。

「取り乱した心」の意味になる体言だと考えます。

訳は「優れない気分」または端的に「病気」です。

ここでは下に「おこたる(病気がよくなる)」があるので、「病気」だと判断しましょう。

〈動詞〉おこたる

「おこたり」はラ行四段活用動詞「おこたる」です。

直後に「はつ」という動詞があるので、連用形になっています。

「進行が停滞する」という意味の動詞です。

現在のように「なまける」と訳すこともありますが、「病気の進行が停滞する」という意味で、「病が回復に向かう」「病が治る」と訳すこともあります。

〈動詞〉はつ

「はて」は、タ行下二段活用動詞「果つ」です。

ここでは、直後に「ず」があるので、未然形になっています。

補助動詞としての「はつ」は、「最後まで~する」「~し終える」という意味なので、「おこたる」に「はつ」がつくと、「全快」のニュアンスになります。「おこたりはつ」で「病気が完全に治る」であるとおさえておきましょう。

〈助動詞〉ず

「ね」は、打消の助動詞「ず」です。

ここでは、直後に「ど」があるので、已然形になっています。

〈+α〉打消の「ず」と完了の「ぬ」

「おこたりはてねど」の「ね」というひらがなについて細かく見てみましょう。

直後には接続助詞の「ど」があります。「ど」は已然形につくので、直前にある「ね」は已然形であるとわかります。 動詞と接続助詞の間にあるので、助動詞の可能性が高いと考えられます。

「ね」というひらがなが助動詞である場合、2つの可能性があります。

打消の「ず」

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
 ず / ず / ず / ぬ /
  / ○ 
ざ ら/ざ り/ ○ /ざ る/ざ れ/ざ れ


完了の「ぬ」

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
 な / に / ぬ /ぬ る/ぬ れ/
  

打消の助動詞の「ず」の「已然形」か、完了の助動詞の「ぬ」の「命令形」です。

先ほど見たように、接続助詞「ど」は、「已然形」につきますから、ここでの「ね」は、打消の助動詞「ず」の已然形であると判断できます。

解答例

病気はまだ完全に治ってはいないが、

【病の気持ち悪さはまだ全快していないが、】

〈+α〉いとむつかしう心もとなくはべればなむ参りつる。

おまけに後半の部分も訳しておきましょう。

〈形容詞〉むつかし

「むつかしう」は、形容詞「むつかし」です。

直後に「心もとなし」という形容詞があります。

ただし、ここでは、この「心もとなし」に係っていくのではなく、さらにその下の「はべれ」に係っている状態です。

むつかしう → はべれ
心もとなく → はべれ

というように、「むつかし」と「心もとなし」が並列関係になっています。

現代語でも、「くやしく悲しく思う」などと言った場合、「くやしく」は「悲しく」に係っているわけではありません。「くやしく」も「悲しく」も「思う」に係っている状態です。

さて、そのように、ここでの「むつかしう」は、「はべれ」という動詞に係っていますので、「連用形」になります。連用形は本来「むつかしく」ですが、ウ音便化して「むつかしう」になっています。連用形は音便化しやすいものです。

さて、「むつかし」は、「機嫌が悪い」「不快」などと訳します。

「むつかる」という類語の動詞もあります。

現代でも「子どもがむつかる」(関東では「むずがる」)などと言いますね。「むずむずする」という慣用表現にもなっています。

〈形容詞〉心もとなし

「心もとなく」は形容詞「心もとなし」です。

「はべれ」に係っていくので「連用形」になっています。

「心」の「許(置き所)」がない状態を表すので、「不安だ」「じれったい」「待ち遠しい」などと訳します。

(「心」に「根拠がない・わけもない」という意味の「もとな」がついたという説もあります)

〈動詞〉はべり

「はべれ」は、ラ行変格活用動詞「はべり」です。

「はべれ」という形は已然形です。

謙譲語と丁寧語の可能性がありますが、補助動詞として使用している場合は丁寧語です。

基本的に他の動詞を補助している場合を補助動詞といいますが、ここでは形容詞を補助している状態になっています。

不快でじれったくございます

などと訳せばよいでしょう。

〈接続助詞〉ば

「ば」は、未然形につくときは「仮定的」に訳します。

已然形につくときは「確定的」に訳します。

ここでは已然形についていますので、「~ので、」「~すると、」などと訳しましょう。

〈動詞〉参る

「参り」はラ行四段活用動詞「まゐる」です。

直後に完了の助動詞「つ」があるので、連用形になっています。

本動詞の場合、「参上する」と訳しておくのが無難です。

〈助動詞〉つ

「つる」は完了の助動詞「つ」です。

完了の「ぬ」

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
 て / て / つ /つ る/つ れ/て よ

文中に係助詞の「なむ」があるので、係り結びの法則により、連体形になっています。

以上のことから、傍線部外の部分は、

不快でじれったくございますので参上した。

などと訳せばよいことになります。

ただ、設問になっていない箇所は、意味さえつかめればよいので、細部にわたって検討する必要はありません。