『富井の古文読解をはじめからていねいに』

迷ったらこれです。

『富井の古文読解をはじめからていねいに』は、講義形式、それもかなりやさしめの口調のテキストなので、読みづらいと感じることはありません。

古文というものは一文一文がとにかく長いのですが、意味のまとまりで区切っていく考え方も示されていますので、苦手な人にとってはまずはそれがわかるだけでも進展があります。

古文常識や文学史なども載っています。とにかく基礎の水準に徹底されているので、この一冊をやり込んでおくと、いわば雪だるまの芯のような知識が形成されます。難関大を目指すためにはさらに違うテキストに進んでいく必要がありますが、まずは『富井の古文読解をはじめからていねいに』による「基礎知識」があれば、発展的内容を学習していくことも非常に楽になります。

特に、主語の非表出について、それを補う考え方が丁寧に解説されています。類書に比べても、主語を補う考え方について論理的に語られています。

学校の授業でも古文は扱われるはずですが、理屈まで丁寧に解説してくれる教員はそれほど多くありません。できれば高1のうちに『富井の古文読解をはじめからていねいに』を読んでおいて、その方法論について、学校の授業で出てくる古文に当てはめて学習していくことをおすすめします。

高3になっていたとしても、古文に苦手意識があるのであれば、基礎から片付けていくことが結果的に近道になります。

「古文に困ったらこの一冊」「古文の参考書で迷っていたらこの一冊」という書籍として、『富井の古文読解をはじめからていねいに』は、何年間も多くの受験生を救ってきた良書中の良書です。

なお、『富井の古文文法をはじめからていねいに』という本もありまして、これもかなりの良書なのですが、タイトルが似ているので買う時は注意してください。
(逆のほうを買わないようにしましょう)

ただ、どちらも優れた本なので、両方やり込むほうがよいのはたしかです。

それぞれを買うつもりだったのに、片方を2冊買ってしまったという失敗は避けましょう。