猫また『徒然草』品詞分解

本文

 「奥山に、猫またといふものありて、人を食らふなる。」と、人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経あがりて、猫またになりて、人とることはあなるものを。」と言ふ者ありけるを、何阿弥陀仏なにあみだぶつとかや、連歌れんがしける法師の、行願寺きやうぐわんじのほとりにありけるが聞きて、ひとり歩かん身は心すべきことにこそと思ひける頃しも、ある所にて夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、小川こがははたにて、おとに聞きし猫また、あやまたず、足もとへふと寄り来て、やがてかきつくままに、くびのほどを食はんとす。
 肝心きもこころも失せて、防がんとするに、力もなく足も立たず、小川へ転び入りて、「助けよや、猫また、よやよや。」と叫べば、家々いへいへより、松どもともして走り寄りて見れば、このわたりに見知れる僧なり。「こはいかに。」とて、川の中よりいだき起こしたれば、連歌れんが賭物かけもの取りて、あふぎ小箱こばこなど懐に持ちたりけるも、みづに入りぬ。希有けうにして助かりたるさまにて、はふはふ家に入りにけり。
 飼ひける犬の、暗けれど、主を知りて、飛びつきたりけるとぞ。

徒然草

品詞分解

「名詞」と「接続助詞」には言及していません。

何も書いていないところは「名詞」か「接続助詞」です。

奥山

に 格助詞(場所)

猫また

と 格助詞(引用)

いふ 動詞(ハ四・連体)

もの 

あり 動詞(ラ変・連用)

を 格助詞(対象)

食らふ 動詞(ハ四・終止)

なる 助動詞(伝聞・連体)

と 格助詞(引用)

の 格助詞(主格)

言ひ 動詞(ハ四・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

なら 助動詞(断定・未然)

ね 助動詞(打消・已然)

ども

これ 代名詞

ら 接尾語

に 格助詞(場所)

も 係助詞(添加)

の 格助詞(主格)

経あがり 動詞(ラ四・連用)

猫また

に 格助詞(結果)

なり 動詞(ラ四・連用)

とる 動詞(ラ四・連体)

こと

は 係助詞(区別)

あ 動詞(ラ変・連体) *撥音便無表記

なる 助動詞(伝聞・連体)

ものを 終助詞(詠嘆)

と 格助詞(引用)

言ふ 動詞(ハ四・連体)

あり 動詞(ラ変・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

を 格助詞(対象)

何阿弥陀仏なにあみだぶつ

と 格助詞(引用)

か 係助詞(疑問) *結びの省略

や 間投助詞(詠嘆)

連歌れんがし 動詞(サ変・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

法師

の 格助詞(同格)

行願寺きやうぐわんじ

の 格助詞(連体修飾)

ほとり

に 格助詞(場所)

あり 動詞(ラ変・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

が 格助詞(主格)

聞き 動詞(カ四・連用)

ひとり

歩か 動詞(カ四・未然)

ん 助動詞(婉曲・連体)

は 係助詞(区別)

心す 動詞(サ変・終止)

べき 助動詞(当然・連体)

こと

に 助動詞(断定・連用)

こそ 係助詞(強意) *結びの省略

と 格助詞(引用)

思ひ 動詞(ハ四・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

しも 副助詞(強意)

ある 連体詞

にて 格助詞(場所)

更くる 動詞(カ下二・連体)

まで 副助詞(範囲)

連歌し 動詞(サ変・連用)

ただ 副詞

ひとり

帰り 動詞(ラ変・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

に 格助詞(時)

小川こがは

の 格助詞(連体修飾)

はた

にて 格助詞(場所)

おと

に 格助詞(手段)

聞き 動詞(カ四・連用)

し 助動詞(過去・連体)

猫また

あやまた 動詞(タ四・未然)

ず 助動詞(打消・連用)

足もと 

へ 格助詞(帰着点)

ふと 副詞

寄り来 動詞(カ変・連用)

やがて 副詞

かきつく 動詞(カ四・連体)

まま

に 格助詞(状態)

くび

の 格助詞(連体修飾)

ほど

を 格助詞(対象)

食は 動詞(ハ四・未然)

ん 助動詞(意志・終止)

と 格助詞(引用)

す 動詞(サ変・終止)



肝心きもこころ

も 係助詞(添加)

失せ 動詞(サ下二・連用)

防が 動詞(ガ四・未然)

ん 助動詞(意志・終止)

と 格助詞(引用)

する 動詞(サ変・連体)

も 係助詞(並列)

なく 形容詞(ク・連用)

も 係助詞(並列)

立た 動詞(タ四・未然)

ず 助動詞(打消・連用)

小川

へ 格助詞(方向)

転び入り 動詞(ラ四・連用)

助けよ 動詞(カ下二・命令)

や 間投助詞(呼びかけ)

猫また

よ 間投助詞(呼びかけ)

や 間投助詞(呼びかけ)

よ 間投助詞(呼びかけ)

や 間投助詞(呼びかけ)

と 格助詞(引用)

叫べ 動詞(バ四・已然)

家々いへいへ

より 格助詞(起点)

ども 接尾語

ともし 動詞(サ四・連用)

走り寄り 動詞(ラ四・連用)

見れ 動詞(マ上一・已然)

こ 代名詞

の 格助詞(連体修飾)

わたり

に 格助詞(場所)

見知れ 動詞(ラ四・已然)

る 助動詞(存続・連体)

なり 助動詞(断定・終止)


こ 代名詞

は 係助詞(区別)

いかに 副詞

と 格助詞(引用)

の 格助詞(連体修飾)

より 格助詞(起点)

いだき起こし 動詞(サ四・連用)

たれ 助動詞(完了・已然)

連歌れんが

の 格助詞(連体修飾)

賭物かけもの

取り 動詞(ラ四・連用)

あふぎ小箱こばこ

など 副助詞(例示)

に 格助詞(場所)

持ち 動詞(タ四・連用)

たり 助動詞(存続・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

も 係助詞(添加)

みづ

に 格助詞(場所)

入り 動詞(ラ四・連用)

ぬ 助動詞(完了・終止)

希有けうに 形容動詞(ナリ・連用)

して

助かり 動詞(ラ四・連用)

たる 助動詞(完了・連体)

さま

に 助動詞(断定・連用)

はふはふ 副詞

に 格助詞(場所)

入り 動詞(ラ四・連用)

に 助動詞(完了・連用)

けり 助動詞(過去・終止)



飼ひ 動詞(ハ四・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

の 格助詞(主格)

暗けれ 形容詞(ク・已然)

ど 

を 格助詞(対象)

知り 動詞(ラ四・連用)

飛びつき 動詞(カ四・連用)

たり 助動詞(完了・連用)

ける 助動詞(過去・連体)

と 格助詞(引用)

ぞ 係助詞(強意) *結びの省略