自立語・付属語 ―文節の先頭にくる単語とこない単語―

今日は、「自立語」と「付属語」という概念を整理しましょう。

やってやるぞ。

自立語・付属語

まずはそれぞれの特徴をまとめておきます。

自立語と付属語

〈自立語〉
 ◆単独で文節をつくることができる
 ◆文節の先頭にある
 ◆1つの文節に必ず1つある。

〈付属語〉
 ◆単独で文節をつくることができない
 ◆文節の先頭にはこない
 ◆1つの文節に存在しないこともある
 ◆1つの文節に2つ以上あることもある

ほほう。

では自立語と付属語に分けてみますので、有名な小説の一節でも言ってみてください。

現代語でいいですよ。

どっどど どどうど どどうど どどう

宮沢賢治『風の又三郎』の冒頭ですね。

それは文というよりは風の音ですので、違う一節でお願いします。

朝だ。

リチャード・バック『かもめのジョナサン』の冒頭ですね。

まあいいでしょう。

「朝」が自立語で、「だ」が付属語です。

生きている。

ジャン・フィリップ・トゥーサン『カメラ』のラストですね。

まあいいでしょう。

自立語    自立語
生き
   いる
  付属語  

です。

木曾路はすべて山の中である。

島崎藤村『夜明け前』の冒頭ですね。

やっと手ごたえのある文がでてきました。

自立語     自立語  自立語   自立語    自立語
木曾路   すべて        ある 。
   付属語         付属語   付属語

となります。

とにかく、「文節のはじまり」は必ず「自立語」です。

「すべて」と「ある」は「自立語だけの文節」になりますね。

それくらい、おれたちでもできそうだな。

よろしい。

では、私から出しましょう。

いくらでも分けてやるぜ。

ごん、お前だったのか。いつもくりをくれたのは。

ご、ごん!?

ひきょうだぞ、ごんぎつねを持ってくるなんて!

・・・涙で文が見えなくなるぞ。

なぜごんを撃ったんだ、兵十!

しかたないから私が分けましょう。

自    自           
ごん / お前 だっ た の か 。
        付  付 付 付 

  自     自      自
いつも / くり  / くれ た の は 。
         付      付 付 付

「ごん」と「いつも」は「自立語だけの文節」だけど、「お前だったのか」とか「くれたのは」には、付属語がたくさん付いているな。

ひとつの自立語に4つも付属語が付くのは珍しいと思われがちですが、会話文などではけっこうありますよ。

活用

でも、「くれた」は「くれた」でひとつの単語じゃないの?

現代語では、「くれた」の「くれ」を言い切りのかたち(もともとのかたち)にすると「くれる」になります。

そこに、過去や完了の意味を持つ「た」がくっつくことで、「くれた」という表現になっています。

そのため、「くれ」と「た」は別々の単語と考えます。

難しいぞ。

では、古語でいくつか見ていきましょう。

言ふ
飛ぶ
歩く
食ふ
見る
居る

に「て」を付けてみてください。

言ひて
飛びて
食ひて

見て
居て

そのとおりです。

言ふ・飛ぶ・食ふは、「ふ」「ぶ」「ふ」が違うひらがなになりました。

見る・居るは、「る」がなくなってしまいました。

変化の仕方は異なるのですが、直後に「て」が付くことによって、「もともとのかたち」から、「違うかたち」になりましたね。


これを活用といいます。

活用する単語と、活用しない単語があります。

では、「すずめ」は活用しますか?

すずめに「て」を付けてみると・・・

すずめて
すずまて
すずむて

うーん。どれもしっくりこないな。

「しっくりこない」が正解です。

「すずめ」は活用しません。

あとで学びますが、「すずめ」は「名詞」という品詞です。

「進む」「食ふ」などは「動詞」という品詞です。

名詞は活用しませんが、動詞は活用します。

動詞は「言い切りのかたち」が、伸ばすと「ウ」の音になりますよ。

むウゥー

ふウゥー

ぶウゥー

本当だ。

「動詞」の活用の仕方については、「動詞」の回でくわしく見ていきましょう。

用言

活用する単語と、しない単語があるんだな。

「単語」は10程度の「品詞」というものに分かれます。そのうち8種類が「自立語」で、2種類が「付属語」です。

〈自立語〉
 動詞    活用する
 形容詞   活用する
 形容動詞  活用する

 名詞    活用しない
 副詞    活用しない
 連体詞   活用しない
 接続詞   活用しない
 感動詞   活用しない

〈付属語〉

 助動詞   活用する
 助詞    活用しない

見当がついたぞ。

「言ふ」とか「飛ぶ」とかは、

①それだけで意味がわかる「自立語」
②活用する
③動きを表している

ということから、「動詞」ということになるんだな。

そのとおりです。

「自立語」で「活用する」のは「動詞」「形容詞」「形容動詞」です。

このうち、「動き」を表すのが「動詞」で、「状態や性質」を表すのが「形容詞」と「形容動詞」です。

「形容詞」と「形容動詞」はどう違うのか?

「をかし」「いみじ」などが「形容詞」です。

「言い切りのかたち」が「○○し(じ)」になります。

「豊かなり」「静かなり」などが「形容動詞」です。

「言い切りのかたち」が「○○なり(たり)」になります。

形容詞と形容動詞は、文の中で置かれやすい場所などもほとんど変わりません。

細かいことは、「形容詞」「形容動詞」の項目で学習していきましょう。

今日はけっこう真面目にがんばったな。

最後に一言。

10の品詞のうち、「自立語」「活用する」ものは3つでしたね。

「動詞」「形容詞」「形容動詞」です。

その「動詞」「形容詞」「形容動詞」のことをまとめて「用言」と呼びます。

理解したぞ。

ためしに古文ではなくて現代文で何か例文を出してくれ。

その中から用言を抜き出してみたい。

わかりました。

いい例文を頼むぜ。

兵十は、立ち上がって、納屋にかけてある火なわじゅうを取って、火薬をつめました。

!!

ご、ごん!

それ以上先に進まないでくれ!!

答えを言えば先には進みません。

立ち上がっ
かけ
取っ
つめ

だ!

言い切りのかたち(もともとのかたち)も言ってもらいましょう。

立ち上がる
かける
取る
つめる

だ!

品詞も言ってもらいましょう。

立ち上がる 動詞
かける 動詞
取る 動詞
つめる 動詞

ぜんぶ動詞だ!

正解です。

では今日はここまでにしましょう。

あぶないところだった。

もう少しでごんが撃たれるところだったな。