03現代語訳

03現代語訳

花は盛りに『徒然草』現代語訳

本文  花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。雨に対むかひて月を恋ひ...
03現代語訳

立石寺『奥の細道』現代語訳

松尾芭蕉の俳諧文『奥の細道』における「立石寺」の現代語訳です。
03現代語訳

故少納言入道、人に会ひて、『続古事談』現代語訳

本文  故少納言入道、人に会ひて「敦親はゆゆしき博士かな。ものを問へば、...
03現代語訳

田舎の児の、比叡の山へ登りたりけるが、『宇治拾遺物語』現代語訳

 これも今は昔、田舎ゐなかの児ちごの、比叡ひえの山へ登りたりけるが、桜のめでた...
03現代語訳

門出『土佐日記』現代語訳

本文  男もすなる日記にきといふものを、女もしてみむとて、するなり。 そ...
03現代語訳

扇の的『平家物語』現代語訳

本文 ころは二月十八日の酉の刻ばかりのことなるに、をりふし北風激しくて、...
03現代語訳

宇治川の先陣『平家物語』現代語訳

梶原源太景季についてはこちら。 本文  ころは睦月...
03現代語訳

猫また『徒然草』現代語訳

本文  「奥山に、猫またといふものありて、人を食らふなる。」と、人の言ひ...
03現代語訳

神無月のころ『徒然草』現代語訳

本文 神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里に尋ね入ること侍りし...
03現代語訳

秦兼久の悪口『宇治拾遺物語』現代語訳

本文  今は昔、治部卿通俊卿、御拾遺を撰ばれける時、秦兼久行き向ひて、「...