新着記事

◆問題

御死にもやしたまひけむ、え見つけたてまつらずなりぬ。(竹取物語)

『竹取物語』の一節です。ポイントは、動詞「す」、敬語動詞「たまふ」、助動詞「けむ」、副詞「え」、敬語動詞「たてまつる」、助動詞「ず」、動詞「なる」、助動詞「ぬ」です。
★単語

え(~打消表現) 副詞

動詞「得(う)」の連用形「え」が副詞化したものです。「得」は「手に入れる」ということですから、「やりかたをつかんでいる」とか、「ほしいままにする」というような意味合いになります。もともとは「うまくできる」という意味で用いられましたが、平安時代には下に打消表現を伴う用法だけになっていき、もっぱら「できない」の意味で用いられました。
◆問題

年頃見えたまはざりけるなりけり。(竹取物語)

『竹取物語』の一節です。ポイントは、名詞「年頃」、動詞「見ゆ」、敬語動詞「たまふ」、連語「けるなりけり」です。
☆文法

助動詞「べし」 ― 常識的に考えて/論理的に判断して ―

助動詞「べし」は「推量」「意志」「可能」「当然」「命令」「適当」など、多様な意味の区別があります。