新着記事

◆問題

とみの物縫ふに、かしこう縫ひつと思ふに、針をひきぬきつれば、はやくしりをむすばざりけり。(枕草子)

『枕草子』の一節です。ポイントは、形容動詞「とみなり」、形容詞「かしこし」、副詞「はやう(はやく)」、助動詞「けり」です。
★単語

とみに【頓に】 副詞

「頓(とん)」という漢語がありまして、「ん」表記がなかった時代に「とに」と表記していたようです。そこからできた「とになり」が、いずれ「とみなり」になっていきました。その連用形である「とみに」が、直接用言に係っていくケースが増えていくのですが、その用例は、たいていは下に打消表現を伴い、「急には~ない」「すぐには~ない」という表現になります。その際の「とみに」は、かなり固定化された言い回しになりますので、「副詞」に分類されます。
★単語

とみなり【頓なり】 形容動詞(ナリ活用)

「頓(とん)」という漢語がありまして、「ん」表記がなかった時代に「とに」と表記していたようです。そこからできて「とになり」が、いずれ「とみなり」になっていったと考えられています。「とみなり」の連用形である「とみに」は、やがて副詞化していきました。
◆問題

この道を立てて世にあらんには、仏だによく書きたてまつらば、百千の家も出で来なん。(宇治拾遺物語)

『宇治拾遺物語』の一節です。ポイントは、助動詞「ん」、副助詞「だに」、敬語動詞「たてまつる」、接続助詞「ば」、連語「なん」です。