あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、人の見るべきにもあらず。(徒然草)

〈問〉次の傍線部を現代語訳せよ。

言ひ続くれば、みな「源氏物語」「枕草子」などにことふりにたれど、同じこと、また今さらに言はじとにもあらず。おぼしきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、人の見るべきにもあらず

現代語訳

(こう)言い続けてくると、みな「源氏物語」や「枕草子」などに言い古されているが、同じことを、また今さら言うまいというわけでもない。思ったことを言わないのは、腹が膨れる(ように不快な)ことなので、筆(のはこび)にまかせながら(書いた)、つまらない慰みごとで、書いたらすぐに【次から次へと】破り捨てるはずのものであるので、人が見るはずのものではない【見るに値しない・見てよいものではない】

この前の部分はこちら。

ポイント

あぢきなし 形容詞(ク活用)

「あぢきなき」は、形容詞「あぢきなし」の連体形です。

「あぢき(あづき)」は「道理」を意味していると言われており、「あぢきなし」は「道理がない」ことになります。

そういった「道理にあわない」状況において、「思うようにならない」「無意味だ・むなしい」「おもしろくない・つまらない」といった意味で用います。

ここでは文脈上、「おもしろくない・つまらない」といった意味でとるのがいいですね。

すさび 名詞

「すさび」は、名詞です。

動詞「すさぶ」と同根の名詞です。「すさみ」と書くこともあります。

「スサ」が「勢いがある様子」や「気の向くままである様子」を示しており、「すさび」は
「気まぐれ」「慰みごと」などと訳します。

かつ 副詞

「かつ」は、副詞です。

「かつ」は、二つのことが並行して起きることを示し、「同時的」なことであれば、「一方では~、もう一方では、~」と訳します。

間をあけずに次のことが起きるという「連鎖的」なことであれば、「すぐに」「次々と」「次から次へと」といった訳になります。

ここでは、「書いたら、間を置かずに破り捨ててしまう」という「連鎖的」な文意ですので、「すぐに」「次々と」「次から次へと」と訳すのがいいですね。

破り捨つ 動詞(タ行下二段活用)

「破り捨つ」は、動詞「破り捨つ(やりすつ)」の終止形です。

「破る(やる)」と「捨つ(すつ)」の複合語です。

「破る」で「やる」と読みます。漢字で書かれていれば意味はそのままわかると思いますが、ひらがなで書かている場合には注意が必要です。

べし 助動詞

「べき」は、「当然」の助動詞「べし」の連体形です。

「べし」は、「推量」「意志」「可能」「当然」「命令」「適当」など、多くの意味に分類されますが、そのまま「べき(だ)」と訳しても違和感がないものは「当然」ととって大丈夫です。

特に「連体形」で何らかの体言に係っていく場合は、「当然」とみなせるケースが多いですね。

ここでも、「破り捨てるべきものであって、人が見るべきものではない」と訳しても、現代語として通用しますので、「当然」と解釈します。

このように「べし」は、そのまま「(~する)べき〇〇」と訳してよいケースも多いのですが、現代語訳の問題になっている場合には、「(~する)はずの〇〇」というように、いちおう言い換えておいたほうが無難です。

なり 助動詞

「に」は、断定の助動詞「なり」の連用形です。

「体言(連体形)」+「に」+「あり」という構造になっている場合の「に」は、「断定」の助動詞「なり」の連用形「に」です。

この構造のときは、

ここでは、「べき/に/も/あら/ず」というように、「べし」の連体形「べき」に「に」がついていて、助詞「も」をはさんで、「あり」が存在します。

ということは、「体言(連体形)」+「に」+「あり」の構造になっていると言えるので、「にん」は「断定」の助動詞「なり」の連用形「に」です。

 

********** 

 

********** 

◆問題演習
減点されない古文