いかで【如何で】 副詞

手段・方法の考察

意味

(1)どうやって・どういうわけで(~だろう) *疑問や問いかけ

(2)どうして(~か、いや、~ない) *反語

(3)なんとかして・ぜひとも(~しよう・したい) *意志や願望

ポイント

「いかに」「て」がついて「いかにて」となったものが、やがて「いかで」につまったものと考えられています。

「いかに」が、状態・性質・方法・原因などを広く問うものであるのに対して、「いかで」は、主に手段や方法を問うものであり、やや限定的な使い方であると言えます。

「いかにして(どうして・どうやって・どうにかして)」ということばに近いのかな?

そうですね。けっこう近いと思います。

平安末期になると、係助詞の「か」がついて、「いかでか」とすることが増えてきます。

例文

心細げなるありさま、いかで過ぐすと、いと苦し。(徒然草)

(訳)(住まいの)頼りなさそうな様子、どうやって過ごしているのだろうと、たいそう心苦しく思う。

いかで月を見ではあら。(竹取物語)

(訳)どうして月を見ないでいられるだろうか、いや、いられない。

いかでこのかぐや姫を得てしがな、見てしがな。(竹取物語)

(訳)なんとかしてこのかぐや姫を手に入れたいものだ、結婚したいものだ

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文