花は盛りに『徒然草』現代語訳

本文

 花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。雨にむかひて月を恋ひ、垂れこめて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し。咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。
 歌の詞書ことばがきにも、「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ」とも、「さはることありてまからで」なども書けるは、「花を見て」と言へるに劣れることかは。花の散り、月の傾くを慕ふ習ひはさることなれど、ことにかたくななる人ぞ、「この枝、かの枝散りにけり。今は見どころなし。」などは言ふめる。
 よろづのことも、初め終はりこそをかしけれ。男女をとこをんなの情けも、ひとへに逢ひ見るをばいふものかは。逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、遠き雲居を思ひやり、浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとは言はめ。
 望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う、青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる、木の間の影、うちしぐれたる群雲隠むらくもがくれのほど、またなくあはれなり。椎柴しひしば白樫しらかしなどの濡れたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身にしみて、心あらん友もがなと、都恋しう覚ゆれ。
 すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。春は家を立ち去らでも、月の夜はねやのうちながらも思へるこそ、いと頼もしう、をかしけれ。
 よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも等閑なほざりなり。片田舎の人こそ、色濃く万はもて興ずれ。
 花の本には、ねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒のみ、連歌して、はては、大きなる枝、心なく折り取りぬ。泉には手足さし浸して、雪には下り立ちて跡つけなど、万の物、よそながら見る事なし。

徒然草

現代語訳

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。雨にむかかひて月を恋ひ、垂れこめて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し。咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。

(桜の)花はその盛りに【満開のときに】、月は雲りのないものだけを見るものだろうか、いや、そうではない。雨に向かって(見えない)月を恋い慕い、すだれを降ろして(家の中に)引きこもって、春の移り変わりを知らない(でいる)のも、やはりしみじみとして趣深い。今にも咲きそうなほどの梢、(花が)散り、しおれている(花が点在している)庭などにこそ見る価値が多い。

歌の詞書にも、「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ」とも、「障ることありてまからで」なども書けるは、「花を見て」と言へるに劣れることかは。花の散り、月の傾くを慕ふ習ひはさることなれど、ことにかたくななる人ぞ、「この枝、かの枝散りにけり。今は見どころなし。」などは言ふめる。

歌の詞書にも、「花見に参ったがが、もうすでに散り果ててしまったので」とも、「都合の悪いことがあって(花見に)参らずに・・・」などと書いてあるものは、「花を見て・・・」と言っているのに劣っているか、いや劣っていない。花が散り、月が(西に)傾くのを恋い慕うならわしはもっともなことであるが、とくに情趣を解さない人は、「この枝も、あの枝も散ってしまった。今は見る価値がない。」などと言うようだ。

よろづのことも、初め終はりこそをかしけれ。男女の情けも、ひとへに逢ひ見るをばいふものかは。逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、遠き雲居を思ひやり、浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとは言はめ。

何事も、最初と最後こそ趣深い。男女の情愛も、ひたすらに逢い、契りを結ぶことをいうものか、いやそうではない。逢わずに終わってしまったつらさを思い、はかない約束を嘆き、長い夜を一人で明かして、遠く離れた住まいを思いやり、(チガヤの茂る)荒れ果てた住まいで昔を懐かしむことこそ、恋愛の情趣を味わうことだと言うのだろう。

望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う、青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる、木の間の影、うちしぐれたる群雲隠れのほど、またなくあはれなり。椎柴・白樫などの濡れたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身にしみて、心あらん友もがなと、都恋しう覚ゆれ。

満月で曇りないものを、千里はなれた向こうまで(照らす月光を)眺めているよりも、明け方近くになって待ちこがれた末に出た月が、たいそう趣深く、青みがかっているようで、深い山の杉の梢に見えている(様子)、木の間からもれる月の光や、ふっと時雨を降らせている一群の雲に隠れているほど(の月)が、このうえなくしみじみとした趣がある。椎柴や白樫などの濡れているような葉の上に(月光が)きらめいているのが、身にしみて、情趣を解するような友がほしいものだと、都がなつかしく思われる。

すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。春は家を立ち去らでも、月の夜はねやのうちながらも思へるこそ、いと頼もしう、をかしけれ。

すべて、月や花を、そのように目だけで見るものか、いや、そうではない。春は家を立ち去らなくても、月の夜は寝床のなかであっても、(それらを)思っていることが、たいそう楽しみで、趣深いものである。

よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも等閑なほざりなり。片田舎の人こそ、色濃く万はもて興ずれ。

教養があり情趣を解する人は、むやみに風流を好んでいるようにも見えず、楽しむ様子もあっさりしている。田舎者こそ、しつこく万事を面白がるものだ。

花の本には、ねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒のみ、連歌して、はては、大きなる枝、心なく折り取りぬ。泉には手足さし浸して、雪には下り立ちて跡つけなど、万の物、よそながら見る事なし。

(桜の)花のもとに、にじり寄って立ち寄り、よそ見もしないでじっと見つめて、酒を飲み、連歌をして、最後には、大きな枝を、心なく折り取ってしまう。泉には手や足を浸して、雪には下り立って足跡をつけるなど、万物を、離れたままで見るということがない。