確述用法について ―「意志」や「推量」の助動詞とセットになる「完了」の助動詞― 

参考書とかによく出てくる「確述用法」っていうのは何なんだ?

ものすごくシンプルにいうと、

「ぬ」や「つ」といった「完了の助動詞」のうち、

「これからのこと」や「いまのこと」に用いられているものです。

たいていの場合、「ぬ」「つ」のうしろに「む」「べし」といった「意志や推量」の助動詞がついています。

そのときの「ぬ」「つ」は、「完了」とは言わずに「確述・確認・強意」などと呼ぶことが多いんですね。

??

「つ」や「ぬ」などの「完了の助動詞」は、もともと、「ある動作や現象が成立すること」を意味しています。

もっともオーソドックスな訳は「~てしまう」です。

日も暮れ

なら、「日が暮れてしまう。」ということです。

これが、文脈上「過去のこと」であれば

日が暮れてしまった。

と訳せばいいですし、

「未来のこと」であれば

(これから)日が暮れてしまう。

と訳せばいいことになります。

「完了の助動詞」と言っているくせに、「過ぎ去ったことに用いられる」と決まっているわけではないのか。

それが誤解のもとなんですが、そもそも「完了」という語自体、過ぎ去ったことにだけ使うものではありません

現代文法でも、

晴れ日にピクニックに行こう。

という場合、「未来のこと」に使っていますよね。

この「た」は、意味の分類としては「完了」になります。

「過ぎ去ったことを振り返っていますよ」という目印に使うのは「過去」の助動詞です。

「き」「けり」ですね。

ああ~。

過ぎにけり。 (過ぐ +  + けり

垣間見てけり。(垣間見る +  + けり

とか、「完了」の助動詞の後ろに「過去」の助動詞が付くことが多いな。

「完了」と「過去」の助動詞の本質的な意味が同じなのであれば、こうやって重ねて用いる必要はありませんね。

「完了」はあくまでも「動作や現象の成立(完成)」であり、

「過去」は「時制として過ぎ去ったこと」です。

「完了」は時制には関係ない

理解したぞ。

とはいえ、「動作や現象の成立(完了)」を意味している以上、「つ」や「ぬ」が、文脈上「過ぎ去ったこと」に付いている場合が多いのは確かです。その場合は「~てしまった」「~た」と訳せばいいですね。

でも、「つ」や「ぬ」は、過ぎ去った出来事に使っていることが多いだけであって、あくまでも時の流れとは無関係です。「何かが成立(完了)する未来」のことを話す場面だってありますよね。

ああ~。

なくはないな。

すでに起きていることに付いている「つ」「ぬ」は「実際に成立した出来事」を意味していますけれども、これから起こることに付いている「つ」「ぬ」は「実際に成立した出来事」を意味しているとは言えませんね。「実際に成立する可能性が高い出来事」に過ぎません。

文法の分類として、このときの「つ」「ぬ」を確述かくじゅつ「確認」「強意」などと呼びます。

「確述」というのは、「確かなものとして述べる」ということです。「確かに成立しそうな出来事」というニュアンスです。

「確述」「確認」「強意」はどの呼び方でもかまいませんが、学校の文法の授業だと、「強意」と教わることが多いですね。

なるほど、「完了の助動詞」のうち、「過ぎ去ったこと」に付いているものは、そのまま「完了」と考えればいいけど、「これから起こること」に付いているものは、「完了」ではなくて、「確述かくじゅつ」とか「確認」とか「強意」なんて言うんだな。

本当は、「完了」は時制に関係ないので、「これから起こること」に付いているものを「完了」と言っても間違いではありません。

ただ、学校で教わる文法だと、「つ」や「ぬ」については、

 ① 「過ぎ去った出来事」に付いていたら「完了」ですよ

 ② 「これから起こる出来事」に付いていたら「確述・確認・強意」ですよ

という区別をきっぱりしたがりますね。

たいていの辞書もそういった区別をしていますので、そのとおりに区別しておくほうが無難です。

さて、「これから起こる出来事」に付いていたら「確述・確認・強意」と言いましたが、「む」「べし」といった推量系の助動詞とセットになっていたら、それらはまず「これからのこと」についての話題です。

「つ」に「む」がついて「てむ」

「つ」に「べし」がすいて「つべし」

「ぬ」に「む」がついて「なむ」

「ぬ」に「べし」がついて「ぬべし」

こういった「完了系助動詞」と「推量系助動詞」がセットになっているパターンを「確述用法」と呼ぶことがあります。

「てむ」の「て」

「つべし」の「つ」

「なむ」の「な」

「ぬべし」の「ぬ」

に傍線が引いてあって、助動詞の意味を問われたら、「確述・確認・強意」と答えておくのが無難です。学校の試験だと「強意」を正解にする先生が多いですね。

本当は「強意」よりも「確述・確認」とするほうが本質的な意味にあうんですけど、学校ではなぜか「強意」が人気です。おそらく「確述・確認」という語が耳慣れないからでしょうね。

どうして、「強意」よりも「確述」のほうがいいの?

「花咲かむ。」

というよりも、

「花咲きむ。」 *「な」は完了の助動詞「ぬ」の未然形

というほうが、

強い確信をもって話しているのはそのとおりなんですね。

だから、文全体としては「強く言っている」ことにはなります。

そういう観点では、「む」の上に「な」があるほうが「強い思いのある文」になるので、「な」が「強意」の役割を果たしていると言えないことはありません。

ただ、この場合の「な」そのものの役割は、「確かさ(実際に成立する可能性の高さ)」の意味付着なんですね。

ですから、「強意」というよりも、「確述・確認」というほうが、「な」が果たしている役割を根本的かつ直接的に表現できているといえます。

つまり、この「な」自体が本質的に「強意」なのではなく、この「な」はあくまでも「成立の可能性の高さ」を示しているのであって、結果的に「な」があるほうが「強い気持ちで言っている」ふうになっているということです。

今の話にあったように、

風も吹きべし

波立てべし

などの表現は、「ぬ」や「つ」が「確かさ(そうなる可能性の高さ)」を示す役割を果たしています。

そのため、

きっと風も吹くだろう。

きっと波を立てるだろう。

といったように、「きっと」などの副詞的な訳語を当てはめることが多くなります。

「きっと」の部分は、「たしかに」「必ず」「間違いなく」など、「事実として確かにそうなる可能性が高い」というニュアンスが出せればなんでもいいです。

しかし、学校の授業ではなんでもかんでも「きっと」をつけとけばいいやというふうに、日本語としてのおさまりが悪くても「きっと」を模範解答にすることが多いですね。そして生徒が「必ず行きましょう」などと「いい現代語訳」をしているのに、「必ず」は「きっと」じゃないから減点などというわけのわからないことを言い出す場合があります。

なんだか今日はところどころ軽めに学校の悪口を言っているぞ。

この「訳語」から考えた時に、「強意」というのはちょっとぼんやりしていますね。「強意」というと、「意味を強調している」ということになりますが、「つ」や「ぬ」は、意味を強調するはたらきがあるわけではないんですよ。「その出来事が成立することは確かだ」ということを意味しているにすぎません。

「つ」「ぬ」が担当しているニュアンスはあくまでも「確かさ」なので、助動詞の意味としては「確述・確認」というほうが、意味を限定できていて、学習上の理解につながると思います。

定期試験にこんな問題があったらどうすればいいの?

「風吹きぬべし」の「ぬ」の意味を一つ選べ。

ア 完了  イ 強意  ウ 過去  エ 並列

「イ」の「強意」を選んでおきましょう。

「完了」でも間違いとは言い切れませんから、選択肢に入れないでほしいですけどね。

じゃあこれは?
 

「風吹きぬべし」の「ぬ」の意味を一つ選べ。

ア 完了  イ 意志  ウ 推量  エ 受身

「確述」も「強意」もなければ「完了」を選んでおけばいいですね。

実際の大学入試では「完了」を選ばせる場合がちらほらあります。

じゃあこれは?
 

「風吹きぬべし」の「ぬ」の意味を一つ選べ。

ア 確述  イ 強意  ウ 過去  エ 並列

「ア」の「確述」と「イ」の「強意」を分別することができないので、問題として成立していません。

でも、もしこんな悪問にぶち当たったら、「確述」を選んでおきましょう。

それか試験監督に「成立していないのではないですか」と質問しましょう。

悪問にぶちあたりなば、監督に問ひぬべし。

例文

「潮満ちぬ。風も吹きべし」と騒げば、船に乗りむとす。

【訳】「潮が満ちた。風もきっと吹くだろう」と騒ぐので、船に乗ってしまおうとする。

ひとつめの「ぬ」には、推量の「べし」がついています。

ふたつめの「な」には、意志の「む」がついています。

どちらも、「これから」あるいは「今」のことについて使用していますので、「確述(強意)」と考えます。

後半は、選択肢であれば「いまにも船に乗ろうとする」などと、何らかの強調句をつけて訳すかもしれませんね。

例文その2

この酒を飲みむとて、よき所を求めゆくに、天の河といふ所に至りぬ。

【訳】この酒を飲んでしまおうと思って、適当な場所を求めて行くと、天の河という所にたどり着いた。

これも、確述用法のマニュアル通りにいけば、「この酒をきっと飲もう」「この酒を必ず飲もう」などと訳してもいいですね。

例文その3

天下の大事に及び候ひんず

【訳】天下の重大事件にきっと及ぶでしょう。

うしろの「んず」っていうのはなんだ?

「むず」という助動詞です。「んず」と書くこともあります。

これは「むとす」がつまってできた助動詞なので、基本的には「む」と同じ意味だと考えればよいです。

例文その4

思ひつつ寝ればや人の見えらむ夢と知りせば覚めざらましを

【訳】恋い慕いながら寝たからあの人が(夢に)現れのだろうか
   夢と知っていたなら目を覚まさなかっただろうに

この例文などは、「た」と訳しているものの、意味の分類は「確述・確認・強意」とされています。

なんで?

直後にある「らむ」に注目してみましょう。

「らむ(らん)」「現在推量」または「現在の原因推量」と呼ばれるものです。

主に、

① いま目に見えていないものを推量する(~ているだろう)
② いま目に見えているものの原因を推量する(~から、~のだろう)

という二通りの使い方があります。

この和歌でいうと、恋しい人が夢に出てきて、その「原因」について、「恋慕いながら寝たからかな」と推量しているのですね。

時間軸としては過ぎ去ったことではあるんですけど、感情としては、今まさに夢を見ているような感覚で詠まれています。だからこそ「らむ」が使われています。

基本的には、「つ」「ぬ」が、「む」「べし」「らむ」「むず」といった、「意志や推量の助動詞」とセットになっていたら、「これからの出来事」や「今の出来事」について語っているわけですから、「確述・確認・強意」と答えておいた方が無難です。