うち 接頭語

意味

① ちょっと・少し・なにげなく *軽度

② さっと・ぱっと *即時・瞬時・勢いよく

③ ふと・ふいに *突然

④ はっきり・くっきり *明確・明瞭

⑤ すっかり・まったく *強調的に

ポイント

接頭語「うち」は、動詞「打つ」から来ていると言われます。もとは、「さっと勢いよく打つ動作」を示しているのですね。

実際に何かを打っているのであれば、動詞「打つ」+別の動詞という複合語になりますが、実際に打っているのでない場合、「うつ」は接頭語です。

接頭語として他の動詞につくと、副詞的に様々な訳になります。ただし、単に語調を整えるだけの使い方もあるので、訳出しないことも多いです。

「うち出づ」とか「うち絶ゆ」とか、いろんな語についているけど、実際にぶっ叩いているわけじゃなければ、接頭語として考えるということだな。

そうですね。

記述問題であれば、無理に訳出しなくてもよいのですが、選択肢問題であれば、文脈に応じて、①~⑤のような表現をつけている可能性があります。

でも、「少し」と「くっきり」って、ぜんぜん違うよね。

「打つ」という動作をもとにした語なので、「打つ」の特性の多様さが、そのままニュアンスとして残っているのですね。

自分の手をパンッと叩いてみましょう。

その様子というのは、様々な受け取り方ができます。

◆ 軽度である     → ちょっと・少し・なにげなく
◆ 即時・瞬時である  → さっと・ぱっと 
◆ 突然である     → ふと・ふいに
◆ 明確・明瞭である  → はっきり・くっきり
 → すっかり・まったく

・・・たしかに。

そのため、「うち○○」という動作は、訳に出すのであれば、いろいろな可能性があります。

たとえば「うち笑ふ」であれば、「ふいに笑う」「少し笑う」となりやすいのですが、文脈によっては、「はっきり笑う」「にっこり笑う」などと訳す可能性もあるということです。

例文

馬を走らせて山にうちいりて見ければ、(今昔物語集)

(訳)馬を走らせて、山にぱっと【勢いよく】入って見たところ、

うちおどろきたれば夢なりけり。(更級日記)

(訳)ふっと【ふいに】目が覚めると、夢であった。

また、時の間の煙ともなりなむとぞ、うち見るより思はるる。(徒然草)

(訳)また、時間が経てば(火事などで)きっと煙にもなるだろうと、ちょっと見るとすぐに思われる。

うちわたす 遠方人をちかたひとに もの申す我 そのそこに 白く咲けるは 何の花ぞも (古今和歌集)

(訳)ずっと見渡す 遠方の人に ものを申し上げる私 それそこに 白く咲いているのは 何の花か

にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ