ゆかし 形容詞(シク活用)

意味

① 心ひかれる

② 見たい・聞きたい・知りたい (*文脈に応じて「~たい」)

ポイント

ある対象に対して、心がそこに「行かし(行きたい)」ということを示す形容詞です。

あくまでも心の問題であり、実際に行くわけではありませんので、「見たい」「聞きたい」「知りたい」などと、文脈にあわせて訳すのが適切です。

特定の話題にしばられない場合は、「心ひかれる」と訳しましょう。

現代語の「おくゆかしい」はここからきているのかな。

そうです。

「おくゆかしい」は、「慎み深く、魅力的である」といった意味ですね。「優雅だ・上品だ」という意味でもあります。

これは「奥行かし」であって、対象のかくされた「奥」を「知りたい」と思う感情を示すものです。

つまり、現代語の「おくゆかしい態度」というのは、「慎み深くて、その人のことをもっと知りたいと思ってしまうような態度」ということなのですね。

例文

忍びて寄する車どものゆかしきを (徒然草)

(訳)こっそりやって来る牛車の主が知りたくて、

ねびゆかむさまゆかしき人かな。(源氏物語)

(訳)成長していく様子を見たい人だなあ。

山路来て何やらゆかしすみれ草 (野ざらし紀行)

(訳)山路にやって来て何やら心ひかれるすみれ草を見つけた

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文