かなし【愛し・悲し・哀し】 形容詞(シク活用)

とどめておけずにあふれる思い

意味

愛し

(1)かわいい・いとしい

(2)心ひかれる・すばらしい

悲し・哀し

(1)悲しい・切ない・残念だ

(2)気の毒だ・かわいそうだ

ポイント

「~かぬ」という補助動詞がありまして、「かなし」も同根のことばだと言われます。

「~かぬ」は、不可能を表し、何かをこらえたり、押しとどめたりすることができないという文意で使用されます。

「かなし」も似たように、「ある対象に対するあふれる気持ちを押しとどめることができない」という意味合いです。

具体的には、「(a)大切な人に対する愛情」または「(b)死別などにおける悲哀」などを意味します。

ああ~。

たしかに、どちらの場合でも、「気持ちがあふれ出てしまう」という感じだね。

(a)を漢字で書くのであれば「かなし」で、(b)を漢字で書くのであれば「悲し」ということなんだな。

だいたいそうですね。

「かなし」が問われている場合には、「かわいい・いとしい系」の意味なのか、「悲しい系」の意味なのかを文脈で判断する必要があります。

それは上級者じゃないと無理だろ。

経験上、試験で問われるのは「かなし」のほうの意味が多いですし、「悲し」の場合には、「悲」の漢字が使用されていることが多いので、ひらがなで書いてある場合には、まずは「かなし」の意味をあてはめてみるのがいいですよ。しっくりこなかったら「悲し」のほうの意味をあてる感じで……。

ただ、これはあくまでも確率の話に過ぎないので、結局は丁寧に文脈をつかむ必要がありますね。

例文

わがかなしと思ふむすめを仕うまつらせばや。(源氏物語)

(訳)自分がいとしい(かわいい)と思う娘を、(光源氏に)お仕えさせたい。

女、いとかなしくて、後に立ちて追ひゆけど、え追ひつかで、清水のある所に伏しにけり。(伊勢物語)

(訳)女は、たいそう悲しくて(切なくて)、後から出発して追って行くが、追いつくことができなくて、清水のある所で倒れてしまった。

ふと天の羽衣打ち着せたてまつりつれば、翁を、いとほし、悲しとおぼしつることも失せぬ。(竹取物語)

(訳)(かぐや姫に)さっと天の羽衣をお着せ申し上げたところ、翁を、気の毒だ、かわいそうだとお思いになる気持ちも消えてしまった。

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文