文ことばなめき人こそ『枕草子』現代語訳

本文

 文ことばなめき人こそ、いとどにくけれ。世をなのめに書きながしたることばのにくさこそ。さるまじき人のもとに、あまりかしこまりたるも、げにわろき事ぞ。されど、わが得たらむはことわり、人のもとなるさへにくくぞある。
 おほかた、さし向かひても、なめきは、などかく言ふらむと、かたはらいたし。まして、よき人などをさ申す者は、さるは、をこにて、いとにくし。
 男主などわろく言ふ、いとわろし。わが使ふ者など、「おはする」「のたまふ」など言ひたる、いとにくし。ここもとに「侍り」といふ文字をあらせばやと、聞く事こそおほかれ。「愛敬な。などことばは、なめき」など言へば、言はるる人も笑ふ。かくおぼゆればにや、「あまり嘲弄する」など言はるるまであるも、人わろきなるべし。

枕草子

現代語訳

文ことばなめき人こそ、いとどにくけれ。世をなのめに書きながしたることばのにくさこそ。さるまじき人のもとに、あまりかしこまりたるも、げにわろき事ぞ。されど、わが得たらむはことわり、人のもとなるさへにくくぞある。

手紙の言葉が無礼な人こそ、なんともひどくにくらしい。世間をいい加減に書き流してある言葉のにくらしさ(はいっそうだ)。それほどでもない人のところに、あまり恐縮するのも実によくないことだ。しかし、(無礼な手紙は)自分がもらったようなときは当然のこと、人のところに来た手紙さえにくらしい。

おほかた、さし向かひても、なめきは、などかく言ふらむと、かたはらいたし。まして、よき人などをさ申す者は、さるは、をこにて、いとにくし。

だいたい、直接向かい合っていても、無礼な言葉は、どうしてこのように言うのだろうかと、いたたまれない。まして、立派な人(身分が高くて教養がある人)のことなどをそのように【無礼に】申し上げる者は、そうであっても実は、愚かで、たいそうしゃくにさわる。
 

男主などわろく言ふ、いとわろし。わが使ふ者など、「おはする」「のたまふ」など言ひたる、いとにくし。ここもとに「侍り」といふ文字をあらせばやと、聞く事こそおほかれ。「愛敬な。などことばは、なめき」など言へば、言はるる人も笑ふ。かくおぼゆればにや、「あまり嘲弄する」など言はるるまであるも、人わろきなるべし。

男主人などを悪く言うのは、とてもよくない。自分の使用人などが、(夫のことを)「いらっしゃる」「おっしゃる」などと言うのも、たいそうにくらしい。その言葉のあたりに、「ございます」という文字を置かせてほしいと、聞くことが多い。(私が)「まあ、かわいげがない。どうして(あなたの)言葉は、失礼なのか」などと言うと、言われる人も笑う。このように感じるからだろうか、(言葉とがめをする私に対して)「あまり人をばかにしている」などと言われることまであるのも、きっと体裁が悪いからに違いない。