秦兼久の悪口『宇治拾遺物語』現代語訳

本文

 今は昔、治部卿通俊卿、御拾遺を撰ばれける時、秦兼久行き向ひて、「おのづから歌などや入る」と思ひてうかがひけるに、治部卿出でゐて物語して、「いかなる歌か詠みたる」といはれければ、「はかばかしき候はず。後三条院かくれさせ給ひて後、円宗寺に参り候ひしに、花の匂いは昔にも変わらず侍りしかば、つかうまつりて候ひしなり」とて、「去年見しに色もかはらず咲きにけり花こそものは思はざりけれとこそつかうまつりて候ひしか」といひければ、通俊の卿、「よろしく詠みたり。ただし、けれ、けり、けるなどいふ事は、いとしもなきことばなり。それはさることにて、花こそといふ文字こそ女の童などの名にしつべけれ」とて、いともほめられざりければ、言葉少なに立ちて、侍どもありける所に、「この殿は大方、歌の有様知り給はぬにこそ。かかる人の撰集承りておほするはあさましき事かな。四条大納言歌に、春来てぞ人も訪ひける山里は花こそ宿のあるじなりけれと詠み給へるは、めでたき歌とて世の人口にのりて申すめるは。その歌に、『人の訪ひける』とあり、また、『宿のあるじなりけれ』とあめるは。『花こそ』といひたるは、それには同じさまなるに、いかなれば四条大納言のはめでたく、兼久がはわろかるべきぞ。かかる人の撰集承りて撰び給ふ、あさましき事なり」といひて出でにけり。侍、通俊のもとに行きて、「兼久こそかうかう申して出でぬれ」と語りければ、治部卿うちうなづきて、「さりけり、さりけり。物ないひそ」と言はれけり。

宇治拾遺物語

現代語訳

今は昔、治部卿通俊卿、御拾遺を撰ばれける時、秦兼久行き向ひて、「おのづから歌などや入る」と思ひてうかがひけるに、治部卿出でゐて物語して、「いかなる歌か詠みたる」といはれければ、

今となっては昔のことだが、治部卿通俊卿が『後拾遺和歌集』をお撰びになったとき、秦兼久が出かけて行って、「自分の歌が(和歌集に)入るか」と思って伺ったところ、治部卿が出てきて話をして、「どのような歌を詠んだのか。」とおっしゃったので、

「はかばかしき候はず。後三条院かくれさせ給ひて後、円宗寺に参り候ひしに、花の匂いは昔にも変わらず侍りしかば、つかうまつりて候ひしなり」とて、「去年見しに色もかはらず咲きにけり花こそものは思はざりけれとこそつかうまつりて候ひしか」といひければ、

(兼久は)「たいそうなものはございません。後三条院がお亡くなりになった後、円宗寺に参上しましたときに、花の美しい色は昔と変わりませんでしたので、(歌を)詠み申し上げましたのです。」と言って、「去年見たのと色も変わらず咲いたことだなあ 花はもの思いをしないのだったなあ と詠み申し上げました」と言ったところ、

通俊の卿、「よろしく詠みたり。ただし、けれ、けり、けるなどいふ事は、いとしもなきことばなり。それはさることにて、花こそといふ文字こそ女の童などの名にしつべけれ」とて、いともほめられざりければ、

通俊の卿は、「上手に詠んでいる。ただし、けれ、けり、けるなどということは、あまりよくない言葉である。それはそれとして、花こそという文字は女の子どもなどの名にするのがよかった」と言って、それほどおほめにならなかったので、

言葉少なに立ちて、侍どもありける所に、「この殿は大方、歌の有様知り給はぬにこそ。かかる人の撰集承りておほするはあさましき事かな。四条大納言歌に、春来てぞ人も訪ひける山里は花こそ宿のあるじなりけれと詠み給へるは、めでたき歌とて世の人口にのりて申すめるは。その歌に、『人の訪ひける』とあり、また、『宿のあるじなりけれ』とあめるは。『花こそ』といひたるは、それには同じさまなるに、いかなれば四条大納言のはめでたく、兼久がはわろかるべきぞ。かかる人の撰集承りて撰び給ふ、あさましき事なり」といひて出でにけり。

(兼久は)言葉も少なく立ち上がって、従者たちがいた所に(行って)、「この殿(通俊)は、歌の有様をお知りにならないのだ。このような人が、撰集をお引き受けになっているのは驚きあきれることだ。四条大納言の歌に、春が来て人も訪れるこの山里のは、花こそが宿の主であったのだなあとお詠みになったのは、すばらしい歌として世の人の評判になっているようだ。その歌に『人も訪ひける』とあり、また『宿のあるじなりけれ』とあるようだ。『花こそ』と(私が)言ったのは、それと同じ様であるのに、どうして四条大納言の歌はすばらしく、兼久の歌が悪いのだろうか。このような人が撰集をお引き受け申し上げてお撰びになるのは、驚きあきれたことである。」と言って、退出してしまった。

侍、通俊のもとに行きて、「兼久こそかうかう申して出でぬれ」と語りければ、治部卿うちうなづきて、「さりけり、さりけり。物ないひそ」と言はれけり。

従者が、通俊のところに行って、「兼久がこれこれ申し上げて出て行った」と語ったところ、治部卿はうなずいて、「そうだった、そうだった。もう言わないでくれ。」とおっしゃった。