けしからず物ごとにいはふ者ありて、(醒睡笑)

〈問〉次の傍線部を現代語訳せよ。

けしからず物ごとにいはふ者ありて、与三郎といふ中間に、大晦日の晩いひ教へけるは、「今宵こよひは常よりとく宿に帰り休み、あすは早々起きてきたり門をたたけ。内より『たそや』と問ふ時、『福の神にて候』と答へよ。すなはち戸を開けて呼び入れむ」と、ねんごろにいひふくめて後、亭主は心にかけ、鶏の鳴くと同じやうに起きて門にまち居けり。案のごとく戸をたたく。「誰そ、誰そ」と問ふ。「いや、与三郎」と答ふる。無興なかなかながら門を開けてより、そこもと火をともし若水を汲み、かんをすゆれども、亭主顔のさま悪くして、さらにものいはず。中間不審に思ひ、つくづく思案しゐて、宵に教へり福の神をうち忘れ、やうやう酒を飲むころに思ひ出し、仰天し、膳をあげ、座敷を立ちざまに、「さらば福の神で御座ある。おいとま申し参らする」というた。

醒睡笑

現代語訳

とんでもなく尋常でなく事あるごとに神を祭る【祭礼をする】者がいて、与三郎という中間【使用人】に、大晦日の晩に、言い教えたことには、「今夜はいつもより早く家に帰って休んで、明日の朝早く来て門を叩け。中から、『誰だ』と問う時、『福の神でございます』と答えよ。すぐに戸を開けて中に呼び入れよう」と丁寧に言い含めた後、亭主は気にかけて、鶏が鳴くのと同じくらい早く起きて門の中で待っていた。予想のとおり、戸を叩く。「誰だ、誰だ」と問う。「いや、与三郎」と答える。不愉快で中途半端ではあったが門を開けてから、そこらに火をともし若水をくんで雑煮を据えるが、亭主は顔からして不機嫌でまったくものを言わない。中間は不思議に思い、つくづく思案していて、(昨日の)夜に教えた福の神のことをすっかり忘れ、ようやく酒を飲むころ思い出し、はっとして膳を上げ座敷から立つやいなや、「そうしたら福の神でございます。これでおいとま申し上げます【帰ります】」といった。

ポイント

けしからず 連語

「けしからず」は、形容詞し」の未然形「けしから」に、打消の助動詞「ず」がついたものです。

ところが、「けしからず」の意味は「異様だ」というものであり、「異し」と同じような訳し方をします。

もともと、「し」は、「普通の状態との差異」に着目したうえで、「普通と異なっている」という意味合いになる形容詞です。

そういう点で、まだ「普通」と見比べる余地があるのですね。

「けしからず」は、「普通」とはあまりにもかけはなれた状態であり、「普通と見比べるまでもなく、とんでもなく異質である」という意味合いになる語句です。

「普通と違うなんてもんじゃないよ!」ということなのですね。

したがって、選択肢の訳も、「異様だ」というシンプルな訳し方よりも、「とんでもない」「ひどく常識外れだ」などというように、「異様のさらに上を行く異様さ」という感じになることが多いです。

けし【異し・怪し】 形容詞(シク活用)
「異し・怪し」を「けし」と訓じます。漢字のイメージのとおり、「異常だ・変だ」という意味になります。「普通の行いとは異なる」ということから、マイナスな意味で使用されることが多いです。

いはふ 動詞

「いはふ」は、ハ行四段活用動詞「いはふ」の連体形です。

現代語の「祝う」とほぼ同じ意味合いを持ちます。

もともとは、「身を清めて、神事をおこなう」という意味ですが、この文章では、文脈上、「縁起をかつぐ」くらいに訳しても問題ないですね。