いかに心もとなく思すらむ。(十訓抄)

(問)傍線部を現代語訳せよ。

和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるを、小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼の中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。いかに心もとなくおぼすらむ。」と言ひて、局の前を過ぎられけるを、御簾みすよりなからばかり出でて、わづかに直衣なほしの袖を控へて

大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立

と詠みかけけり。

思はずに、あさましくて、「こはいかに、かかるやうやはある。」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。

十訓抄

現代語訳

和泉式部は、藤原保昌の妻であって、丹後の国に下ったときに、京で歌合があったのだが、(和泉式部の娘の)小式部内侍が、歌の詠み手に選ばれて、歌を詠んだのを、定頼の中納言がふざけて、小式部内侍が(局に)いたところに、「丹後におやりになった人は(ここに)参上したか。どんなにじれったく(気がかりに・不安に)お思いになっているだろう。」と言って、局の前を通り過ぎられたところ、(小式部内侍は)御簾から半分ほど身を乗り出して、ほんの少し(定頼の中納言の)直衣の袖を引き止めて、

大江山を越えて 生野へ行く道が遠いので 天の橋立を踏んだこともないし 母からの手紙もまだ見ていない

と詠んで返歌を求めた。

(定頼の中納言は)思いがけないことで、驚きあきれるほどで、「これはどういうことか。このようなことがあるものか、いやない」とだけ言って、返歌もできずに、袖を引き放ってお逃げになった。小式部内侍は、これ以降、歌詠みの世界で評判が出てきた。

ポイント

いかに 副詞

「いかに」は、主に3つの訳し方があります。

① 「どのように」「どんなふうに」 *状態・性質・方法などを問う
 「どうして」「なぜ」      *原因・理由を問う
 「どんなにか」「さぞかし」   *程度を問う(程度を強調する)

もともとは①の使い方が主流で、これは形容動詞「いかなり」の連用形だと考えられます。

いずれ、②や③の使い方が出てきました。②や③の用法は、「状態・性質・方法」を問うているわけではありませんし、「いかに」のかたちで固定されていますので、「副詞」に分類されています。

さて、この場面では、小式部内侍の「不安」の程度を問うている(強調している)ので、「どんなにか」「さぞかし」などと訳しましょう。

こころもとなく 形容詞

ク活用の形容詞「こころもとなし」の連用形です。

漢字で書くと「心許無し」です。

期待や願望がなかなか満たされないもどかしさを意味しています。

思うようにいかない事物の「様子」を形容している場合は、「ぼんやりしている」「はっきりしない」などと訳します。

そういった、思うようにいかない事態に際した「心の動き」を形容している場合は、「じれったい」「気がかりだ」「不安だ」などと訳します。

ここでは後ろに「思す」がありますので、「心の動き」のほうで訳すとよいですね。

思す 尊敬語

「おぼす」と読みます。

尊敬語であり、「お思いになる」と訳します。

おぼす」と「おもふ」は別々の動詞なので、区別しましょう。

「おぼす」は「お思いになる」であり、「おもふ」はシンプルに「思う」です。

らむ 助動詞

助動詞「らむ」です。

意味は主に3つです。

① 現在推量 ~ているだろう
② 現在の原因推量 ~ているのだろう
③ 現在の伝聞・婉曲 ~とかいう・~ような

「らむ」の直前の動詞そのものが推量の対象なのであれば、①の意味です。

「らむ」の直前の動詞が眼前にあり、その原因のほうを推察しているのであれば、②の意味です。

「らむ」が「文中連体形」で使用されている場合は、③の意味です。

ここでは、「思すらむ」となっており、「らむ」の直前は「思す」です。

状況としては、定頼の中納言が、小式部内侍の「心の中」を推量していることになりますね。「心の中」は目に見えておらず、それそのものが推量の対象なので、①の使い方になります。「お思いになっているだろう」と訳しましょう。