まさる【増さる・優る・勝る】 動詞(ラ行四段活用)

増える or 上になる !

意味

増る

(1)ふえる・多くなる

(2)強まる・つのる

優る・勝る

(1)優れる・ひいでる

(2)まさる・上になる(上である)

ポイント

「増さる」の意味であれば、「ふえる・多くなる」と訳します。

「優る・勝る」の意味であれば、「すぐれる・まさる」などと訳します。

ひらがなで書かれることが多いので、「増」なのか「優・勝」なのか、文脈判断しましょう。

古文では「える」とか「る」とか言わないのかな。

「増える」は現代語ですね。「ゆ(ゆ)」はあったみたいですけど、文中ではあまり見ないですね……。

古文では、何かが多くなるときは、やはりす」「さる」が多いですね。

「減る」も、あんまり見た記憶がないですね……。

何かが少なくなるときは、「失す」とか「欠く」とか「落つ」とか、「見た感じ」で表現することが多いように思います。

ちなみに、「優る・勝る」の対になる表現としては、「劣る」がよく使われます。

例文

人々さへ離れなば、たづきなさもまさりぬべくなむ。(源氏物語)

(訳)人々【女房たち】すら離れてしまえば、頼るもののなさもますます強まってしまうだろう。

おのれが芸のまさりたることをよろこぶ。(徒然草)

(訳)自分の芸が(人より)優れていることを喜ぶ。

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文