いみじ 形容詞(シク活用)

意味

① 並々でない・はなはだしい・たいそう・たいへん

 すばらしい・立派だ・とてもよい

③ ひどい・とても悪い

ポイント

み」「む」が形容詞化した語です。

神聖なものや、忌避すべきものに対する、「並々でない」という意を表します。

よい意味でも悪い意味でも使用します。

神にも悪魔にもうかつに近寄れないもんな。

「程度」が並外れているということで「はなはだしい」

良い方向に並外れているということで「すばらしい」

悪い方向に並外れているということで「ひどい」などと訳します。

連用形で、「いみじく静かに」「いみじううつくし」というように、他の形容詞や形容動詞に係っていく使い方の場合は、「たいそう」と訳すことが多くなります。

「いみじう」って活用表に存在しないぞ。

「いみじく」の「く」が「う」になったものです。

ウ音便ですね。

「いみじう」はかなり出てくるので、気を付けましょう。

例文

昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり。(宇治拾遺物語)

(訳)昔、袴垂といって、並々でない盗人の首領がいた。

月を見ては、いみじく泣き給ふ。(竹取物語)

(訳)【姫は】月を見ては、たいそうお泣きになる。

風の音もいみじう心ぼそし。(更級日記)

(訳)風の音もたいそう心細い。

説法いみじくして、みな人涙を流しけり。(徒然草)

(訳)説法がすばらしくて、人はみな涙を流した。

あないみじ。犬を蔵人二人して打ちたまふ。(枕草子)

(訳)ああひどい。犬を蔵人が二人してお打ちになる。

「あな」は「ああ」と訳せばいいんですけど、このように形容詞とセットになることが多いですね。

セリフの中だったりすると、語尾の「し(じ)」が取れて、「あなかまし(さわがしい)」が「あなかま」になったり、「あな憂し(つらい)」が「あなう」になったりします。

形容詞の語尾って、感情がこもると省略されることがあるんですよ。

ああ~。

今でも、「暑い」を「あつ!」って言ったり、「うるさい」を「うるさ!」って言ったりするもんね。