さすがなり 形容動詞(ナリ活用)/ さすがに 副詞

意味

形容動詞として

(1)やはりそうもいかない

「さすがに」のかたちで副詞的に(副詞として)

(2)そうはいってもやはり

(3)当たり前だがやはり・なんといってもやはり

ポイント

指示語「さ」+動詞「す」+上代の助詞「がに」が一語化し、「さすがに」という語がよく使われました。その後、「さすがなり」という用い方が出てきたようです。

そのことからも、「さすがに」というかたちは、副詞と区別できない用例も多いです。

ある出来事を前提として、「それはそうであるが」といったん受け止めつつも、語り手の心情としては「そうするわけにはいかない」「そうもいかない」などと、何か屈折したことを考えているときに使用することが多いです。

これ、「あいつは不良だけど、さすがに万引きまではしないだろう」とか、「あいつは頭がいいけど、さすがに100点までは無理だろう」とか、現代語でも使うよね。

まさに同じ使い方ですね。

でも、何かすごいことをした人に、「よ! さすが!」ってほめるときにも使うよね。

「さすが」という語の使い方としては、前提としての出来事を認めたうえで、「それはそう。でもさ……」という心情を表現していることになるのですね。

そのため、逆接に用いることが多いのはたしかです。

一方で、「前提を認めたうえで、目の当たりにするといっそう感激する」という賞賛の使用法もあります。

つまり、「すごいのは知っていたよ。でも、実際に見ると思っていたとおり(あるいはそれ以上に)すごい!」いう使い方もあるということです。その場合は、意味内容としては順接になりますね。

現代語の「よ! さすが!」という使い方は、こちらに近いですね。

ああ~。

ある出来事をいったんは「そのとおり」と認めて、そのうえで、「でもそういうわけにはいかない」という逆の心情を述べることが多いけれど、「実際にみるとうわさ以上だ」という感慨を語る使い方もあるということなんだな。

用例としては前者が圧倒的に多いので、「やはりそうはいかない」「そうはいってもやはり」という訳をしてみるといいですね。

何か前後関係が逆になっていないなと思ったら、「当然とはいえやはり」「当たり前だがやはり」などの訳をしてみましょう。時代が経つと、単純に賞賛を示して、強調句のように使う用法も出てきます。その場合、「なんといってもやはり」などと訳します。

例文

これや我が求むる山ならむと思ひて、さすがに恐ろしく覚えて、(竹取物語)

(訳)これが自分が探し求める山【蓬莱山】であるだろうと思って、そうはいってもやはり恐ろしく思われて、

木高き山どもの中に、もろ声に鳴きたるこそ、さすがにをかしけれ。(枕草子)

(訳)高い木々の中で、(ほととぎすとうぐいすが)ともに声をあわせて鳴いているのは、当たり前だがやはり【なんといってもやはり】趣き深い。

「さすがに」の前と後ろが「逆接」の関係になっていない場合は、前件を「それはそうだ」と認めたうえで、「実際にそのとおりだ(それ以上だ)」と実感している場面に使われやすいです。

訳はしにくいのですが、「予想していたとおりだけど、実際はなおいっそうよい」というニュアンスを生かして、「当たり前だがやはり」などと訳すのがいいですね。

シンプルに強調しているようなニュアンスであれば、「なんといってもやはり」などと訳します。

次の例文はシンプルに強調しているような使い方ですね。

我らはさすがに清和天皇の御末、八幡殿のまさしき孫ぞかし。(保元物語)

(訳)我々はなんといってもやはり清和天皇のご子孫、八幡殿のたしかな孫であるぞ。

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文