いみじうせきあへぬけしきなり。(堤中納言物語)  

(問)傍線部を現代語訳せよ。

 

また、若き人々、二、三人ばかり、薄色の裳引きかけつつゐたるも、いみじうせきあへぬけしきなり。いみじうせきあへぬけしきなり。  

堤中納言物語

 

現代語訳

また、若い人々が二、三人ほど、薄紫色の裳を引きかけて着ながら座っている(その人たち)も、たいそう涙をこらえられない様子である

ポイント

いみじ 形容詞

「いみじう」は「忌みじ」の連用形ウ音便です。
「忌む」を語源とする「いみじ」は「畏れ多くて離れていたい」ことがもともとのニュアンスです。

いみじ (忌みじ)

a.はなはだしい / とても~・たいそう~
b.とてもよい / すばらしい
c.とても悪い / ひどい

などと訳します。少し前の若者言葉で言うと、「パネエ」とか「ヤベエ」に近い語です。

〈a〉は、「とにかく程度が大きい」ことから「はなはだしい(たいそう・とても)」となります。
〈b〉は、その「程度の大きさ」を「よいほう」に使用するニュアンスです。
〈c〉は、「程度の大きさ」を悪い方に使用するニュアンスです。

「よい・わるい・程度」のどれであるかは文脈判断ですが、〈連用形「いみじく(いみじう)」〉であるときは、〈程度―はなはだしい・たいそう〉の意味になりやすい傾向があります。「たいそう美しい」とか、「はなはだしく腹をたてる」といったように、対象となる用言の〈程度〉を強調している使い方です。

一方、〈連体形「いみじき」〉であるときは、〈肯定的評価/否定的評価〉のどちらかになりやすい傾向があります。「いみじきこと」であれば、「すばらしいこと/ひどいこと」といったように、対象となる体言を評価しているのです。

せきあふ 動詞

「せきあふ(塞き敢ふ)」は「(涙を)こらえる」の意味になる動詞で、一般的に打消表現を伴い、「涙をこらえられない」と訳します。

文法的には「こらえない」と訳すのが妥当と思われますが、慣用的には、「こらえられない」「こらえることができない」といったように「不可能っぽく」訳す方が自然です。これは、「敢ふ」が、「なんとかこらえる」「強引になんとかする」という意味であるためです。つまり、「がんばって涙をこらえていたんだけど……出てしまった」ということなのであり、「こらえようとしていた」意志が前提として存在しているため、これを打ち消すと、「我慢できない」というニュアンスになるのです。

けしき 名詞

「けしき(気色)」は「様子」と訳しましょう。目で見えているものの様子を示す場合は「けしき」を用いることが多く、「オーラ」のようなものを示す場合は「けはひ」を用いることが多くなります。肝試しに行ったとして、「けはひ悪し」などと言うのであれば、それは「目で見えないけれど何だか雰囲気が悪い」ということを意味しています。

なり 助動詞

体言につく「なり」は断定の助動詞です。「である」と訳しておけばまず問題ありません。

 

 

駅前のラーメン屋の大盛、麺いみじう多し。