やがて 副詞

意味

① そのまま

② すぐに

ポイント

「軈て(やがて)」と書きます。この漢字を書けるようになる必要はないのですが、「身」に「應」と書く文字ですね。「應」は「応対」「応答」の「応」です。要するに「物理的にそのまま応じる」ということであり、「間を置かずに、続けて何かが行われる」ことを意味します。

状況的に続くのであれば「そのまま」と訳し、時間的に続くのであれば「すぐに」と訳すことになります。

現代語で「やがて」っていうと、「しばらく後で」っていう感じだけどな。

だからこそ試験では問われやすいですね。

古文で問われた場合には、「そのまま」または「すぐに」と訳しましょう。

選択肢に「しばらくして」とあったら、100%誤答の「ひっかけ選択肢」ですから、真っ先に除外しましょう。

例文

言ひたきままに語りなして、筆にも書きとどめぬれば、やがてまた定まりぬ。(徒然草)

(訳)言いたいままにことさら語って、文字としても書きとめてしまうと、そのまままた定着してしまう。

梶原、たばかられぬとや思ひけん、やがて続いて打ち入つたり。(平家物語)

(訳)梶原は、だまされたと思ったのだろうか、そのまま続いて(川に)乗り入れた。