う(得) 動詞(ア行下二段活用)

GET!

意味

(1)手に入れる・身に受ける

(2)理解する・わかる  *「心を得」「意を得」などのかたちで

(3)得意とする・会得する

(4)~ことができる   *「~ことをえたり」などのかたちで

(5)~できる *補助動詞として

ポイント

「得」は、漢字のとおり、何かを入手することを意味しています。

シンプルに「手に入れる」という意味だけではなく、「(知識を)得る」「(能力を)得る」という意味合いで使用されることも多い動詞です。

獲得するものが「知識」であれば、「理解する」などと訳し、「能力」であれば、「~できる」とか「得意とする」などと訳します。

たしか、

え~ず

の「え」が、もともとは動詞だったって聞いたことがあるな。

「不可能」を表す構文ですね。

「ず」で否定されるので、結果的には「できない」と訳しますが、「え~ず」「え」の部分だけでいえば、「可能」を意味していることになりますね。

「得」は、「GETする!」っていう意味だけど、文脈次第で、「理解する」とか「~できる」なんていう訳になるんだな。

そうですね。

あと、文法的な注意点として、「ア行」で活用する動詞は、この「得」だけだと覚えておくといいですよ。

「心得」「所得」といった複合動詞も「ア行」で活用しますが、語尾が「得」なので、結局は「得」です。

現代語だと、「言う」とか、「笑う」とかは、「ア行」だよね。

それらは、未然形だけ「ワ」なので、「ワア行」で活用すると言われますね。

現代文法の「ワア行」で活用する動詞は、古文では「ハ行」です。

古文では、「ハ行」はかなりありますけれども、「ア行」は「得」くらいです。

る」に「ず」をつけると「いず」になるけど……

「射る」の「い」は、「やいゆえよ」の「い」なので、「ヤ行」です。

「植う」とか「飢う」とか「据う」とかの「う」は……

「植う」「飢う」「据う」の「う」は、「わゐうゑを」の「う」なので、「ワ行」です。

そのため、これらに「ず」がつくと、「植ゑず」「飢ゑず」「据ゑず」になります。

「覚えず」とか「見えず」とかの「え」は……

これらは「覚ゆ」「見ゆ」であり、「やいゆえよ」の「ヤ行」です。

はえ~。

じゃあ、「ア行」に見えてしまう動詞も、「ヤ行」や「ワ行」なんだな。

そうですね。

「ア行」で活用する動詞は、「得」と、「心得」「所得」といった、「得」につながる複合動詞だけと考えて大丈夫です。

例文

いかで、このかぐや姫をてしがな、見てしがな。(竹取物語)

(訳)なんとかして、このかぐや姫を手に入れたいものだなあ、結婚したいものだなあ。

うることと常に聞こゆるを、心憂く。(源氏物語)

(訳)(生き物を捕まえるのは)仏罰を身に受けることだと、いつも申し上げているのに、(やめないのは)情けなく(思われることよ)。


これかれたるところ、ぬところ、互ひになむある。(古今和歌集)

(訳)それぞれ得意にしているところと、得意にしていないところが、お互いにある。

盗人これを見るに、心もねば、これは、もし鬼にやあらむと思ひて、(今昔物語集)

(訳)盗人はこれを見るが、意味もわからないので、これは、もしかして鬼であろうかと思って、

竜の首の玉取りずは帰り来な。(竹取物語)

(訳)竜の首の玉を取ることができないなら帰ってくるな。

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文