いと【甚】 副詞

very

意味

(1)たいそう・とても

(2)本当に・まったく

(3)たいして(~ない)・それほど(~ない)・あまり(~ない)

(3)は下に打消表現を伴うときの訳し方です。

ポイント

形容詞「甚し(いたし)」と同根の語と言われています。

「いと」は、形容詞や形容動詞を修飾することが多く、その場合、「状態・性質」がはなはだしいと言っていることになります。

一方、形容詞「いたし」の連用形「いたく(いたう)」のほうは、具体的な「動作・作用」のはなはだしさを述べる場合が多いです。

この「いたく(いたう)」を副詞と考えることもあり、そうすると「いと」「いたく(いたう)」は意味的には類義語のような関係になりますね。

いとをかし
いとおもしろし
いとあはれなり

とか、よく見るもんね。

どれも、「状態・性質」を修飾していますね。

でも、このあいだの試験で、

いとやむごとなききはにはあらぬが

を、「たいそう高貴な身分ではないが」って訳したら△だったな。

「ぬ」が、「打消」の助動詞「ず」の連体形だからですね。

「いと○○ず」という表現は、「○○」という状態そのものを打ち消しているのではなく、「程度のはなはだしさ」を打ち消していることになります。

そのため、現代語訳としては、「それほど~ない」「たいして~ない」とするほうがいいですね。

ああ~。

ということは、「いとをかしからず」なんて言う場合、「趣きがないわけじゃないけど、それほどでもない」っていうことなんだな。

そういうことになります。

例文

三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。(竹取物語)

(訳)三寸(約9cm)ほどである人が、たいそうかわいらしい様子で座っていた。

乗りたる馬、いとかしこしとも見えざりつれども、(宇治拾遺物語)

(訳)乗っている馬は、それほど立派にも見えなかったが、

「打消表現」を伴っているから、「程度のはなはだしさ」を否定していることになるんだな。

今の御世には、いと親しくおぼされて、いと時の人なり。(源氏物語)

(訳)今の帝は、(柏木を)たいそう親しみがあるとお思いになって、(柏木は)本当に【まったく】時流に乗った人である。

通常の「いと」は、ある形容詞や形容動詞に対して、シンプルに「程度のはなはだしさ」を示しますが、この例文の2つめの「いと」などは、語り手の感慨や詠嘆の気持ちを交えて、句や節といった「一定のまとまり」全体に係っていくような使い方をしています。

このような使い方の場合、「本当に」「まったく」などと訳せるといいですね。

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文