感動詞 ― 活用せず、独立している自立語 ―

今日は「感動詞」について学びましょう。

どんとこい。

では、まず「感動詞」を定義します。

感動詞とは

◆自立語である。 (文節の先頭になる)
◆活用しない。  (語尾が変化しない)
◆他のことばに係っていかない。(独立している)

ふむふむ。

なるほど。

「ふむふむ」も「なるほど」も感動詞ですね。

へえー。

ふうーん。

「へえー」も「ふうーん」も感動詞ですね。

別に感動してないけどな。

感極まって泣いたりしてないもんな。

感動・応答・呼びかけ(勧誘)・あいさつ・提示

感激して泣いたりしていなくても、「感動詞」に入る語はたくさんあります。一般的に「感動」「応答」「呼びかけ」「あいさつ」「提示」などに分類しますが、古文でこの区別をさせるような問題はありませんので、あんまり気にしなくて大丈夫です。

このうちの「感動」という分類は、「心が強く動いたときに口から出てしまったことば」と考えてください。「ため息」みたいなものも「感動」です。

「はあ~」「はえ~」みたいなものも「感動」を表す「感動詞」ということなんだな。

古語では

古語の感動詞を挙げておきましょう。

感 動  あはれ あな さても 
応 答  えい いさ そよ いな 
呼びかけ いざ いかに もし

など、いろいろあります。

「文の成分」のときに学んだ「独立語」だな。

そうです。

「独立語」は、ほとんどの場合、品詞でいえば「感動詞」になります。

「ほとんどの場合」ということは、そうじゃないこともあるのか。

あります。

たとえば、

竜馬! どこへ行きよるんか?

などと言った場合、「竜馬」は他のことばに係っていかない「独立語」です。

でもこれは「名前」ですよね。「竜馬」という「名前」で呼びかけていることになります。

「名前」は「名詞」ですから、ここでの「竜馬」は、文の成分でいえば「独立語」であり、品詞でいえば「名詞」です。

「独立語」というものは、基本的に「名詞」か「感動詞」のどちらかになります。

じゃあ、「独立語」であることがわかれば、そのうち「名詞ではないもの」を「感動詞」と考えればいいんだな。

そういうことになりますね。

「かけ声」

文法書では、たいてい「感動・応答・呼びかけ」あたりの区別をするんですが、まれに、そのどれにも当てはまらない「感動詞」に出会うことがあります。

なんだと。

どういうものだ?

ソーラン節の最初のほうの「はああァー」などですね。

たしかに「感動」でも「呼びかけ」でも「応答」でも「あいさつ」でも「提示」でもないな。

ただ叫んでるだけだもんな。

これを区別している文法書もあります。

その場合、「かけ声」といいます。

「かけ声」!

そのまんまだな。

お祭りの踊りなどに入る「ヨッ!」とか「サッ!」とかいうのも、「かけ声」ですね。

松岡修造が気合を入れるときに叫んでいる「はっ!」とかも「かけ声」かな。

ドラゴンボールで、ヤムチャが悟空をチョップしたときの「はいいッ!」なんていうも「かけ声」だろうな。

そうなります。

「は!」とか「よ!」とか、特に深い意味もなく発せられる声であれば、「かけ声」だと考えてください。

「感動」と何が違うのかというと、本来であれば、「感動」というのは、「喜び・悲しみ・驚き・疑い」といった「心の動き」の表れなんですね。

ですから、「あな」「あはれ」といったことばは、これらの気持ちを伴っていますから、「感動」になります。

でも、たとえば蹴鞠で鞠を蹴る瞬間に「はっ!」などと言うのは、「喜び・悲しみ・驚き」といった気持ちを伴っていませんね。そういうものは「かけ声」です。

おじさんが立ち上がるときに「よっ!」というのも「かけ声」です。

納得したぜ。

ただ、繰り返しますが、こういった細かい分類を問うてくる古文の問題はありません。

現代文法(口語文法)だったら、いちおう知っておいたほうがいいですけれど、古文は「感動詞」ということがそれで大丈夫です。

にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ