断定の助動詞「なり」の連用形「に」について ―何かをはさんで「あり」がある。―

断定の助動詞「なり」の連用形は、どうして「なり」「に」のふたつがあるんだ?

もともと「体言 あり」だったからです。

「に」と「あり」が結合できるものは「なり」になっていきました。

「に」と「あり」が結合できない場合は「に」のままで表記されることになります。

体言 に て あり
体言 に ぞ ある
体言 に し あり
体言 に も あり
体言 に こそ あれ

などの表現は、「て」とか「ぞ」が間にあることによって、「に・あり」が結合することができません。このときの「に」は、文法の分類上「断定の助動詞の連用形」と考えます。

じゃあ、

にんじんてあり

の「に」は「断定の助動詞の連用形」ということか。

そうです。

なお、「あり」は、「おはす」や「はべり」などの場合もあります。

「おはす」も「はべり」も、敬意をぬけば「あり」に近い動詞ですから、要するに「あり」に準じた語があれば、「に」は断定の助動詞と考えます。

とにかく、「断定の助動詞の連用形」の「に」は、「て」とか「ぞ」とかをはさんで、後ろに「あり」とか「はべり」といった「あり」っぽい動詞が来るということなんだな。

基本的な理解はそれでOKです。

あとは、時代によっても違うのですが、「体言にあり」が、そのまま「にあり」のままになっている文もあります。

特に、後ろに「ず」があって、否定文になっている時は、「に」と「あり」が「なり」に詰まらずにそのまま残っているケースがあります。

「この川、飛鳥川あらねば」

などというケースですね。

これは、

「この川、飛鳥川ならねば」

とはならないのか?

なっている場合もたくさんあります。

このあたりは、言語の特性上、「必ず」はないということですね。

ルールっぽく言っておけば、

後ろに「ず」を伴うときは、「体言にあらず」というように、「にあり」が「なり」になっていない場合がけっこうある。

となります。

まとめ

注意点として、次の4点をおさえておきましょう。

①体言+に+あり の場合の「に」は断定の助動詞「なり」の連用形である。

②「に」と「あり」の間には、「て」「し」「も」「は」「ぞ」などの助詞が入ってくることがある。(例:「にてあり」「にぞある」など)

③◆尊敬語「おはす」(訳は「いらっしゃる」)
 ◆丁寧語「はべり」(訳は「あります・ございます」)
 などの語は、敬意をとると「あり」なので、
 「体言 に はべり」
 「体言 に おはす」
 などの「に」も、断定の助動詞「なり」の連用形と考える。


④ 「体言 に あら ず」
などのように、後ろに「ず」があり、否定文になっている場合は、「なり」になっていない場合も多い。

こは貴きにんじんぞはべる。

このときの「に」は断定の助動詞の連用形だ。