なげきつつひとり寝る夜/うつろひたる菊 『蜻蛉日記』 現代語訳

『蜻蛉日記』より、「なげきつつひとりる夜/うつろひたる菊」の現代語訳です。

テキストによっては、「町の小路の女」などのタイトルです。

九月ばかりになりて、~

さて、九月ばかりになりて、出でにたるほどに、箱のあるを手まさぐりに開けて見れば、人のもとにやらむとしける文あり。あさましさに、見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。

さて、九月ごろになって、(兼家が)出ていった【帰ってしまった】時に、文箱があるのを何気なく開けて見ると、(他の)人のところに送ろうとした手紙がある。驚きあきれて、(手紙を)見たということだけでも知ってもらおうと思って、(歌を)書きつける。

うたがはし ~

  うたがはし ほかに渡せる ふみ見れば ここやとだえに ならむとすらむ

など思ふほどに、むべなう、十月つごもりがたに、三夜しきりて見えぬ時あり。つれなうて、「しばしこころみるほどに。」など、気色あり。

疑わしい。他(の女)に送ろうとする手紙を見ると、ここ【私のところ】に来るのは途絶えようとしているのだろうか。

などと思ううちに、案の定、十月の末ごろに、三晩続いて姿を見せない時がある。(しかし兼家は)平然として、「(あなたの気持ちを)しばらく試しているうちに(三日が経った)。」などと、あやしげである【思わせぶりなことを言う】。

これより、~

これより、夕さりつかた、「うちかたふたがりけり。」とて出づるに、心得で、人をつけて見すれば、「町の小路なるそこそこになむ、とまり給ひぬる。」とて来たり。さればよと、いみじう心憂しと思へども、いはむやうも知らであるほどに、二、三日ふつかみかばかりありて、暁がたにかどをたたく時あり。

ここ【私の家】から、夕方、「宮中の方が悪い方角にあたっていた【(陰陽道の)方塞がりだった】(そのため、いったん場所を変えよう)。」と言って出かけるので、(私は)納得できず、(召使いの)人を後につけて見させると、「町の小路にあるどこそこに、(兼家の車が)お止まりになった。」と言って(戻って)来た。やっぱりだと、たいそうつらいと思うけれど、(その気持ちを)言おうとする方法もわからずにいるうちに、二、三日ほどたって、夜明けごろに門をたたく(音がする)時がある。

「内の方ふたがりけり」は、「宮中から(こちら)の方角が悪い方角にあたっていた(だからここにいるわけにいかなかった)」と考えることもできます。

ここでの「ふさがる」は、陰陽道おんようどうで「禁忌の方角にあたっている」ということです。名詞を用いて「方塞がりである」と訳してもOKです。

行こうとする方角に天一神なかがみ(中神)がいて、そのまま行くと災難に遭うとされています。その状態で目的地に向かう場合には、「方違へ(かたたがへ)」をします。つまり、いったん別の場所に行ってから、角度を変えて再び出発するのです。

さなめりと思ふに、~

さなめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。つとめて、なほもあらじと思ひて、

  嘆きつつ ひとりる夜の あくる間は いかに久しき ものとかは知る

と、例よりはひきつくろひて書きて、移ろひたる菊にさしたり。

そのようだ(兼家が来た)と思うと、つらくて、開けさせないでいると、例の家【小路の女の家】と思われる所に行ってしまった。翌朝、やはりこのままではいられないと思って、

嘆きながら、ひとりで寝る夜が明けるまでの間は、どんなに長いものとおわかりか、いや、おわかりにはなるまい。

と、いつもよりは体裁を整えて書いて、色あせている菊に挿した(そしてその文を送った)。

返り言、~

返り言、「あくるまでもこころみむとしつれど、とみなる召使の来あひたりつればなむ。いと理なりつるは。

  げにやげに 冬の夜ならぬ 真木の戸も おそくあくるは わびしかりけり」

(兼家の)返事は、「夜が開けるまでためしに待とうとしたが、急な(用事をもつ)召し使いが来合わせたので(引き返した)。(あなたが怒るのも)本当にもっともなことだ。

ほんとうにまったく(そのとおりだ。とはいえ、)冬の夜ではない(今夜ここで)真木の戸がなかなか開かないことも、つらいものだなあ。」

さても、~

さても、いとあやしかりつるほどに、事なしびたり。しばしは忍びたるさまに、「うちに。」など言ひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞ限りなきや。

それにしても、たいそう不思議であるほど、そしらぬふりをしている。(普通だったら)しばらくは人目を避けている様子で、「宮中に(参上する)。」などと言いながら通うのが当然であるのに(来やしない)、ますます不愉快に思うことはこの上ないことよ。

『大鏡』にも、このお話をもとにしたところがあります。