姨捨(をばすて) 『大和物語』 現代語訳

『大和物語』より、「姨捨」のお話です。

信濃の国に更級といふ所に、~

信濃の国に更級といふ所に、男住みけり。若き時に、親は死にければ、をばなむ親のごとくに、若くより添ひてあるに、この妻の心憂きこと多くて、この姑の、老いかがまりてゐたるを、つねに憎みつつ、男にもこのをばの御心のさがなく悪しきことを言ひ聞かせれけば、昔のごとくにもあらず、おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。

信濃の国の更級という所に、男が住んでいた。若い時に親は死んだので、おばが親のように、若いときからそばについているが、この(男の)妻の心は、よくないことが多くて、この姑で、年老いて腰が曲がっているのを、いつも憎みながら、男にもこのおばのお心が意地悪でよくないことを言い聞かせたので、(男のほうも)昔のようでもなく、このおばに対して、おろそかであることが多くなっていった。

このをば、~

このをば、いといたう老いて、二重にてゐたり。これをなほ、この嫁、ところせがりて、「今まで死なぬこと。」と思ひて、よからぬことを言ひつつ、「もていまして、深き山に捨てたうびてよ。」とのみ責めければ、責められわびて、「さしてむ。」と思ひなりぬ。

この伯母は、たいそうひどく年老いて、腰が折れ曲がっていた。これをやはり、この嫁は、やっかいに思って、「よく今まで死なないことだ。」と思って、(おばの)よくないことを(男に)言いながら、「(おばを)お持ちになって、深い山にお捨てになってくださいよ。」とばかり(男を)責めたので、(男も)責められて困って、「そうしてしまおう。」と思うようになった。

月のいと明き夜、~

月のいと明き夜、「嫗ども、いざたまへ。寺に尊きわざすなる、見せたてまつらむ。」と言ひければ、かぎりなく喜びて負はれにけり。高き山のふもとに住みければ、その山にはるばると入りて、高き山の峰の、下り来べくもあらぬに、置きて逃げて来ぬ。

月がたいそう明るい夜に、「おばあさん、さあいらっしゃい。寺でありがたい法要をするというのを、お見せ申し上げよう。」と(男が)言ったところ、(おばは)この上なく喜んで背負われた。高い山のふもとに住んでいたので、その山の遥か深くまで入って、高い山の峰で、下りてくることができそうにないところに、(おばを)置いて逃げて来た。

「やや。」と言へど、~

「やや。」と言へど、いらへもせで、逃げて家に来て思ひをるに、言ひ腹立てける折は、腹立ちてかくしつれど、年ごろ親のごと養ひつつあひ添ひにければ、いとかなしくおぼえけり。この山の上より、月もいとかぎりなく明く出でたるを眺めて、夜ひと夜、寝も寝られず、悲しうおぼえければ、かく詠みたりける。

(おばは)「これこれ。」と言うが、(男は)答えもせずに、逃げて家に来て(おばのことを)思っているとき、(妻がおばの悪口を)言って腹を立てたときは、腹が立ってこのようにしたが、長年の間親のように養いながらともに近くにいたので、たいそう悲しく思われた。この山の上から、月がたいそうこの上なく明るく出ているのを眺めて、一晩中、寝ることもできず、悲しく思われたので、このように(歌を)詠んだ。

わが心~

 わが心 なぐさめかねつ 更級や をばすて山に 照る月を見て

と詠みてなむ、また行きて迎へもて来にける。それより後なむ、をばすて山と言ひける。慰めがたしとは、これがよしになむありける。

  自分の心を慰めることができないでいる この更級の 姨捨山に照る月を見ていると

と詠んで、また(山へ)行って(おばを)迎えて連れて来た。それからのち、(この山を)姨捨山と言った。慰めがたいとは【「をばすて山」が「慰めがたいこと」の縁語であるのは】、これがいわれであった。

『大和物語』の文学史としてのジャンルは「歌物語」です。

「歌物語」というと、『伊勢物語』が有名なやつだな。

『伊勢物語』『大和物語』『平中物語』を、「歌物語」のセットで覚えておくといいですね。

試験ではよく、「同じジャンルの作品を次から選べ」という問題が出ます。

 

********** 

 

********** 

■現代語訳
減点されない古文