いまはむかし、たけとりの翁といふものありけり。『竹取物語』現代語訳

本文

 いまはむかし、たけとりの翁といふものありけり。野山にまじりて竹をとりつつ、よろづのことにつかひけり。名をば、さぬきのみやつことなむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一すぢありける。あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。翁いふやう、「われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。子になりたまふべき人なめり」とて、手にうち入れて、家へ持ちて来ぬ。妻の嫗にあづけてやしなはす。うつくしきこと、かぎりなし。いとをさなければ、籠に入れてやしなふ。
 たけとりの翁、竹を取るに、この子を見つけて後に竹取るに、節をへだてて、よごとに黄金こがねある竹を見つくることかさなりぬ。かくて、翁やうやうゆたかになりゆく。
 この児、やしなふほどに、すくすくと大きになりまさる。三月ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪あげなどとかくして髪あげさせ、裳着す。ちやうの内よりもいださず、いつきやしなふ。この児のかたちのきよらなること世になく、屋の内は暗き所なく光満ちたり。翁、心地悪しく苦しきときも、この子を見れば苦しきこともやみぬ。腹立たしきこともなぐさみけり。
 翁、竹を取ること、久しくなりぬ。いきほひまうの者になりにけり。この子いと大きになりぬれば、名を、御室戸みむろど斎部いむべの秋田をよびて、つけさす。秋田、なよ竹のかぐや姫と、つけつ。このほど三日、うちあげ遊ぶ。よろづの遊びをぞしける。男はうけきらはずび集へて、いとかしこく遊ぶ。
 世界のをのこ、あてなるも、賤しきも、いかでこのかぐや姫を得てしがな見てしがなと、音に聞きめでて惑ふ。そのあたりの垣にも、家のにも、をる人だにたはやすく見るまじきものを、夜は安きいも寝ず闇の夜にいでても、穴をくじり、垣間見、惑ひあへり。さる時よりなむ、「よばひ」とはいひける。

竹取物語

現代語訳

いまはむかし、たけとりの翁といふものありけり。野山にまじりて竹をとりつつ、よろづのことにつかひけり。名をば、さぬきのみやつことなむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一すぢありける。あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。翁いふやう、「われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。子になりたまふべき人なめり」とて、手にうち入れて、家へ持ちて来ぬ。妻の嫗にあづけてやしなはす。うつくしきこと、かぎりなし。いとをさなければ、籠に入れてやしなふ。

今は昔【今となっては昔のことだが】、竹取の翁という者がいた。野山に分け入って竹を取っては、色々なことに使っていた。名を、さぬきの造といった。(ある日)その竹の中に、根もとの光る竹が一本あった。不思議に思って、近寄って見ると、筒の中が光っている。それを見ると、三寸ほどの人が、たいそうかわいらしい様子ですわっている。翁が言うには、「私が毎朝毎夕見る竹の中にいらっしゃるのでわかった。(私の)子におなりになるはずの人であるようだ」と言って、手の中に入れて、家へ持って帰った。妻の媼に預けて育てさせる。(その子の)かわいらしいことは、このうえもない。たいそう幼いので、籠に入れて養う。

たけとりの翁、竹を取るに、この子を見つけて後に竹取るに、節をへだてて、よごとに黄金こがねある竹を見つくることかさなりぬ。かくて、翁やうやうゆたかになりゆく。

竹取の翁が、竹を取るのに、この子を見つけてからのちに竹を取ると、節と節の間ごとに黄金の入っている竹を見つけることがたび重なった。こうして、翁はだんだん裕福になっていく。

この児、やしなふほどに、すくすくと大きになりまさる。三月ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪あげなどとかくして髪あげさせ、裳着す。ちやうの内よりもいださず、いつきやしなふ。この児のかたちのきよらなること世になく、屋の内は暗き所なく光満ちたり。翁、心地悪しく苦しきときも、この子を見れば苦しきこともやみぬ。腹立たしきこともなぐさみけり。

この子は、養ううちに、すくすくと大きくなっていった。三ヶ月ほどになったころに、一人前の大きさの人になったので、髪上げ(の祝い)などあれこれ手配して、髪上げさせ、裳を着せる。几帳の中から外へ出さずに、大事にかわいがって育てる。この子の容貌がすばらしく美しいことは世になく、家の中は暗い所もなく光に満ちていた。翁は、気分が悪く、苦しいときでも、この子を見ると、苦しみもなくなった。腹の立つようなことがあっても心が安らかになった。

翁、竹を取ること、久しくなりぬ。いきほひまうの者になりにけり。この子いと大きになりぬれば、名を、御室戸みむろど斎部いむべの秋田をよびて、つけさす。秋田、なよ竹のかぐや姫と、つけつ。このほど三日、うちあげ遊ぶ。よろづの遊びをぞしける。男はうけきらはずび集へて、いとかしこく遊ぶ。

翁は、竹を取ることが長い間続いた。(富を得て)勢いが盛んな者になった。この子がたいそう大きくなったので、名を、御室戸斎部の秋田を呼んで、つけさせる。秋田は、なよ竹のかぐや姫とつけた。このとき、三日間、声をあげてうたい、管絃を奏する。数多くの音楽を奏した。男は分け隔てなく招き集めて、たいそう盛大に管絃を奏する。

世界のをのこ、あてなるも、賤しきも、いかでこのかぐや姫を得てしがな見てしがなと、音に聞きめでて惑ふ。そのあたりの垣にも、家のにも、をる人だにたはやすく見るまじきものを、夜は安きいも寝ず闇の夜にいでても、穴をくじり、垣間見、惑ひあへり。さる時よりなむ、「よばひ」とはいひける。

世の中の男は、身分の高い人も身分の低い人も、どうにかしてこのかぐや姫を妻にしたいものだなあ、結婚したいものだなあと、うわさに聞き思い慕って心乱れる。そのあたりの垣根にも、家の門(の近く)にも、そこにいる人たちでさえ簡単に見ることができないのに、夜は安眠もせず、闇夜に出てきて、(垣根に)穴を空けて、垣間見て、うろうろしている。その時から、(こういう行為を)「よばひ」と言った。