宇治川の先陣『平家物語』現代語訳

梶原源太景季についてはこちら。

梶原景季って何した人? ―親子で活躍梶原家 テンション高めな坂東武士だが 和歌も詠めるし風雅も解した―
梶原景季 かじわらかげすえ平安時代末期~鎌倉時代初期の武将です。通称は「源太げんた」です。お父さんは梶原景時かじわらかげときです。1181年には、源頼朝の寝所を警護する「家子いえのこ」に選出されています。木曾義仲きそよしなかを討伐する目的で

本文

 ころは睦月二十日あまりのことなれば、比良の高嶺、志賀の山、昔ながらの雪も消え、谷々の氷うち解けて、水はをりふし増さりたり、白浪おびたたしうみなぎり落ち、瀬枕大きに滝鳴つて、さかまく水も速かりけり。夜はすでにほのぼのと明けゆけど、川霧深く立ちこめて、馬の毛も鎧の毛も定かならず。
 ここに大将軍九郎御曹司、川の端はたに進み出いで、水のおもてを見渡して、人々の心を見むとや思はれけむ、
「いかがせむ、よど一口いもあらひへや回るべき、水の落ち足をや待つべき。」
とのたまへば、畠山、そのころはいまだ生年二十一になりけるが、進み出でて申しけるは、
「鎌倉にてよくよくこの川の御沙汰は候ひしぞかし。知ろしめさぬ海川の、にはかにできても候はばこそ。この川は近江の湖の末なれば、待つとも待つとも水干まじ。橋をばまたたれか渡いてまゐらすべき。治承の合戦に、足利又太郎忠綱は鬼神で渡しけるか。重忠瀬踏みつかまつらむ。」
とて、たんの党をむねとして、五百余騎ひしひしとくつばみを並ぶるところに、平等院の丑寅うしとら、橘の小島が崎より、武者二騎ひつ駆けひつ駆け出で来たり。一騎は梶原源太景季、一騎は佐々木四郎高綱。人目には何とも見えざりけれども、内々は先に心をかけたりければ、梶原は佐々木に一段ばかりぞ進んだる。
 佐々木四郎、
「この川は西国一の大河ぞや。腹帯はるびの伸びて見えさうは。締めたまへ。」
と言はれて、梶原さもあるらむとや思ひけむ、左右のあぶみを踏みすかし、手綱を馬の結髪ゆがみに捨て、腹帯を解いてぞ締めたりける。その間に佐々木はつつと馳せ抜いて、川へざつとぞうち入れたる。梶原、たばかられぬとや思ひけむ、やがて続いてうち入れたり。
「いかに佐々木殿、高名せうどて不覚したまふな。水の底には大綱あるらむ。」
と言ひければ、佐々木太刀を抜き、馬の足にかかりける大綱どもをば、ふつふつと打ち切り打ち切り、生食いけずきといふ世一よいちの馬には乗つたりけり、宇治川速しといへども、一文字いちもんじにざつと渡いて、向かへの岸にうち上がる。梶原が乗つたりける摺墨するすみは、川中より篦撓のため形に押しなされて、はるかの下よりうち上げたり。
 佐々木、鐙踏んばり立ち上がり、大音声だいおんじやうをあげて名のりけるは、
「宇多天皇より九代の後胤こういん、佐々木三郎秀義が四男、佐々木四郎高綱、宇治川の先陣ぞや。われと思はん人々は高綱に組めや。」
とて、をめいて駆く。
 畠山、五百余騎で、やがて渡す。向かへの岸より山田次郎が放つ矢に、畠山、馬の額を篦深のぶかに射させて、弱れば、川中より弓杖ゆんづゑを突いて降り立つたり。岩浪、かぶとの手先へざつと押し上げけれども、ことともせず、水の底をくぐつて、向かへの岸へぞ着きにける。上がらむとすれば、後ろに物こそむずと控へたれ。
「誰そ。」
と問へば、
重親しげちか。」
と答ふ。
「いかに大串か。」
「さん候らふ。」
 大串次郎は畠山には烏帽子子えぼしごにてぞありける。
「あまりに水が速うて、馬は押し流され候ひぬ。力及ばでつきまゐらせて候ふ。」
と言ひければ、
「いつもわ殿ばらは、重忠がやうなる者にこそ助けられむずれ。」
と言ふままに、大串を引つ下げて、岸の上へぞ投げ上げたる。投げ上げられ、ただ直つて、
武蔵むさしの国の住人、大串次郎重親、宇治川の先陣ぞや。」
とぞ名のつたる。かたきも味方もこれを聞いて、一度にどつとぞ笑ひける。

平家物語

現代語訳

ころは睦月二十日あまりのことなれば、比良の高嶺、志賀の山、昔ながらの雪も消え、谷々の氷うち解けて、水はをりふし増さりたり、白浪おびたたしうみなぎり落ち、瀬枕大きに滝鳴つて、さかまく水も速かりけり。夜はすでにほのぼのと明けゆけど、川霧深く立ちこめて、馬の毛も鎧の毛も定かならず。

時は(陰暦)1月20日過ぎのことなので、比良の高嶺、志賀の山、昔ながらの雪も消え、谷々の氷も解けて、(宇治川の)水位はその時増していた。白波がはなはだしくみなぎり落ち、瀬枕(水しぶきのたまりば)は大きく滝のように鳴って、逆巻く水も速かった。夜はもはやほのぼのと明けてゆくが、川霧が深く立ち込めて、馬の毛も鎧の毛もはっきりしない。

ここに大将軍九郎御曹司、川の端に進み出いで、水のおもてを見渡して、人々の心を見むとや思はれけむ、

ここに、大将軍九郎御曹司(源義経)が、川の端に進み出て、水面を見渡して、(周囲の)者の心を見ようと思われたのだろうか、

「いかがせむ、淀、一口へや回るべき、水の落ち足をや待つべき。」

「どうしようか、淀(のほう)、一口(のほう)へ回るのがよいか、水量が落ちるのを待つのがよいか。」

義経たちのいるところは、平等院のあたりで、「よど」や「いもあらい」は、それよりも西にいった、現在の京都競馬場のほうです。

とのたまへば、畠山、そのころはいまだ生年二十一になりけるが、進み出でて申しけるは、

とおっしゃったところ、畠山、そのころはまだ21歳であったが、進み出て申し上げたことには、

「鎌倉にてよくよくこの川の御沙汰は候ひしぞかし。知ろしめさぬ海川の、にはかにできても候はばこそ。この川は近江の湖の末なれば、待つとも待つとも水干まじ。橋をばまたたれか渡いてまゐらすべき。治承の合戦に、足利又太郎忠綱は鬼神で渡しけるか。重忠瀬踏みつかまつらむ。」

「鎌倉でよくよくこの川の御評価はございましたよ。ご存知でない海や川が、突然出来たのではございません。この川は近江の湖の出口なので、待てども待てども水は干上がるまい。橋をまた誰が架けて差し上げられようか、いやできないだろう。治承の合戦の際、足利又太郎忠綱は、鬼神であったから渡ったのか。重忠が瀬踏みをいたしましょう。」

とて、丹の党をむねとして、五百余騎ひしひしと轡を並ぶるところに、平等院の丑寅、橘の小島が崎より、武者二騎ひつ駆けひつ駆け出で来たり。人目には何とも見えざりけれども、内々は先に心をかけたりければ、梶原は佐々木に一段ばかりぞ進んだる。

といって、丹の党を中心として、五百余騎がひしひしとくつばみ(馬の口に取り付けて手綱たづなをつける馬具)を並べているところに、平等院の北東、橘の小島が崎から、武者二騎がはげしく馬を走らせて出てきた。一騎は梶原源太景季、一騎は佐々木四郎高綱。人目にはなんとも見えないが、内心としては先陣をきろうと思っていたので、梶原は佐々木よりも一段(約11m)ばかり進んでいる。

佐々木四郎、
「この川は西国一の大河ぞや。腹帯はるびの伸びて見えさうは。締めたまへ。」
と言はれて、梶原さもあるらむとや思ひけむ、左右のあぶみを踏みすかし、手綱を馬の結髪ゆがみに捨て、腹帯を解いてぞ締めたりける。その間に佐々木はつつと馳せ抜いて、川へざつとぞうち入れたる。梶原、たばかられぬとや思ひけむ、やがて続いてうち入れたり。

佐々木四郎が、
「この川は西国一大河だぞ。【馬の】腹帯が伸びて見えます。お締めになれ。」
と言われたので、梶原はそういうこともあるのだろう思ったのだろうか、左右の鐙を開いて(馬の腹から)離し、手綱を馬のたてがみに投げかけ、腹帯をほどいて締めた。その間に佐々木はつっと駆け抜けて、川へざっと入っていった。梶原は、だまされたと思ったのだろうか、そのまま続いて(川に)入っていった。

「いかに佐々木殿、高名せうどて不覚したまふな。水の底には大綱あるらむ。」
と言ひければ、佐々木太刀を抜き、馬の足にかかりける大綱どもをば、ふつふつと打ち切り打ち切り、生食いけずきといふ世一よいちの馬には乗つたりけり、宇治川速しといへども、一文字いちもんじにざつと渡いて、向かへの岸にうち上がる。梶原が乗つたりける摺墨するすみは、川中より篦撓のため形に押しなされて、はるかの下よりうち上げたり。

「やあ佐々木殿、手柄を立て評判を上げようとして油断をしなさるな。水の底に大網があるだろう。」
と(梶原が)言ったところ、佐々木は太刀を抜いて、馬の足にかかっていた大網を、ふっふっと打ち切り打ち切り、生食いけずきという世の中で一番の馬に乗っていたし、宇治川の流れが速いといっても、一文字にざっと渡って、向こう岸に上がる。梶原が乗っていた摺墨するすみは、川の中ほどから弓を曲げたような格好で押し流されて、はるか下流から岸に上がった。

佐々木、鐙踏んばり立ち上がり、大音声だいおんじやうをあげて名のりけるは、
「宇多天皇より九代の後胤こういん、佐々木三郎秀義が四男、佐々木四郎高綱、宇治川の先陣ぞや。われと思はん人々は高綱に組めや。」
とて、をめいて駆く。

佐々木が、鐙に踏ん張って立ち上がり、大声をあげて名乗ったことには、
「宇多天皇から九代の末裔、佐々木三郎秀義の四男、佐々木四郎高綱、宇治川の先陣だ。我(こそ相手になる)と思う人々は高綱と勝負だ。」
と言って、叫んで駆ける。

畠山、五百余騎で、やがて渡す。向かへの岸より山田次郎が放つ矢に、畠山、馬の額を篦深のぶかに射させて、弱れば、川中より弓杖ゆんづゑを突いて降り立つたり。岩浪、甲の手先へざつと押し上げけれども、ことともせず、水の底をくぐつて、向かへの岸へぞ着きにける。上がらむとすれば、後ろに物こそむずと控へたれ。

畠山は五百余騎で続いて渡る。向かいの岸から山田次郎が放つ矢に、畠山、馬の額を深く射られて、(馬が)弱ったので、川中から弓を杖にして突いて馬から降り立った。岩の間の流れが甲の手前にざっと押し上がったが、畠山はものともせず、川の底をくぐって、向かいの岸に着いた。(岸に)上がろうとすると、後ろに何者かがむずとしがみついている。

「誰そ。」
と問へば、
重親しげちか。」
と答ふ。
「いかに大串か。」
「さん候らふ。」
 大串次郎は畠山には烏帽子子えぼしごにてぞありける。

「誰だ。」
と問うと、
「重親。」
と答える。
「なんと大串か。」
「そうでございます。」
大串次郎は、畠山にとっては烏帽子子であった。

「あまりに水が速うて、馬は押し流され候ひぬ。力及ばでつきまゐらせて候ふ。」
と言ひければ、
「いつもわ殿ばらは、重忠がやうなる者にこそ助けられむずれ。」
と言ふままに、大串を引つ下げて、岸の上へぞ投げ上げたる。投げ上げられ、ただ直つて、
武蔵むさしの国の住人、大串次郎重親、宇治川の先陣ぞや。」
とぞ名のつたる。かたきも味方もこれを聞いて、一度にどつとぞ笑ひける。

(大串が)「あまりにも水が速いので、馬は押し流されてました。力が及ばず(畠山の背中に)付き申し上げます。」
と言ったところ、
(畠山は)「いつもお前たちは、重忠のような者に助けられるのだろう。」
と言うままに、大串を引き下げて、岸の上に投げ上げた。(大串は)投げ上げられ、姿勢を直して、
「武蔵の国の住人、大串次郎重親、宇治川の先陣だぞ。」
と名乗った。敵も味方もこれを聞いて、一度にどっと笑った。

周囲の人々からしてみると、「そもそも佐々木高綱が先に渡ってるし、おまえは自力で渡ってないだろ!」という気持ちだったでしょうね。