【文の成分】修飾語(連用修飾語・連体修飾語)

修飾語

日本語における「文の成分(文節の役割)」には、

①主語
②述語
③修飾語
④接続語
⑤独立語

の5種類があります。

前回は「主語と述語」について話しました。

今回は「修飾語」について考えましょう。

やってやるぞ。

どんとこい。

いきなりややこしいことを話すんですけれど、「修飾語」「目的語」「補語」という成分に分ける考え方もあります。

あるいは、「修飾語」のことを「補語」と呼び、さらにそれを「必須保護」と「副次保護」に分けるといった考え方もあります。

しかし、「目的語」「補語」という言葉は、学校で習う口語文法(現代日本語文法)では出てきません。それらはすべて「修飾語」として分類されます。

いきなりハードルが高いことを話し始めた。

出てこない言葉を言わなくてもいいじゃないか。

それもそうなんですけど、「目的語」とか「補語」とかいった言葉は、今後おそらく様々な場所で耳にするんですよ。英語や漢文の学習で使用されます。

そのときに、「え? そんな言葉は習っていないぞ!」と思うかもしれないけれど、「そういえば修飾語の一種だと言っていたな・・・」と思い出してくれればいいなあと思って話しました。

このページの最後にもうちょっと話します。

気持ちはよくわかった。

気をとりなおして今日の学習を進めていこう。

 降れり
ー 

なんていうのが「主語」と「述語」だったな。

そうだったな。

では「修飾語」というものはいったいどんなものだ?

いっそうくわしく説明することば

「修飾(しゅうしょく)」というのは「かざる」という意味合いがあります。

あることばに対して、「それをいっそうくわしく説明することば」が修飾語です。

たとえば、

うつくしうて居たり

といったら、「うつくしうて」は「居たり」を「いっそうくわしく説明」していますね。ですから、「うつくしうて」は「修飾語」です。

ふむふむ。

例をあげていきましょう。

白き 鳥の
修飾語

けしき はなはだ あし
    修飾語

おもしろく 咲きたり
修飾語

竹を 取る
修飾語

宇津の山に 至りて
 修飾部  

といったものですね。

いろいろなパターンがあるのだな。

パターン分けするとかなりありますよ。

◆どのように
◆どんな
◆何の
◆何を
◆何に
◆何で
◆どのくらい
◆どこ(どこへ・どこから・どこで)
◆いつ(いつから・いつまで)

覚えるのは無理だなこれは。

「覚える」という意識はそれほど必要ありません。

「後ろにある文節」を「いっそうくわしく」していれば「修飾語」だと考えればそれでいいです。ただ、「後ろにある文節」というのは「直後」とは限りません

とにかく「修飾語」→「修飾される語」の順番になるということだな。

日本語ではそうなります。

修飾語 → 被修飾語

ところで、「くわしく説明する」のが「修飾語」なのですから、必ず「説明される側」の文節がありますね。そちらは「修飾語(しゅうしょくご)」といいます。

野山にまじりて

であれば、「野山に」が「修飾語」で、「まじりて」が「修飾語」になります。

被(ひ)があるほうが、修飾される側なのだな。

「被」は、「被る(こうむる)」という意味です。外部から与えられているということです。

たとえば「被害者」であれば「害」を「こうむる(外部から与えられる)者」という意味になりますね。

修飾語」というのも、「他のことばから修飾(かざり)を与えられていることば」ということになります。

竹取の翁といふものありけり。

だったら、

竹取の → 翁  
修飾語 → 被修飾語

 翁と → いふ
修飾語 → 被修飾語

 いふ → もの
修飾語 → 修飾語

ということだな。

ちょっと待った。

「翁」は「修飾語」なのか、「修飾語」なのか、どっちなんだ。

「翁(と)」は、「竹取の」を受ける「被修飾語」ですが、同時に「いふ」をくわしくしている「修飾語」です。

「いふ」は、「(竹取の)翁と」を受ける「被修飾語」ですが、同時に「もの」をくわしくしている修飾語です。

「もの」は、「いふ」を受ける「被修飾語」です。

細かく見ると、次のような関係になっています。

竹取の  翁と  いふ  もの   
修飾 ー被修飾
     修飾被修飾
         修飾被修飾

ちょっと待った。

「もの」は、「ありけり」に対する「主語」のはずだぞ。

どうしてそれが「修飾語」になってしまうんだ。

修飾語」というのは、「文の成分」ではありません。

修飾語」というのは、「修飾語」がある場合に、その修飾を受け取っている・・・・・・・文節に対しての名称です。

そのため、「修飾語」は、同時に「主語」「述語」「修飾語」「接続語」「独立語」のどれかの役割を持っています。

したがって、「主語」であり、かつ「被修飾語」である文節というのはけっこうあります。同じように、「述語」であり、かつ「被修飾語」である文節もけっこうあります。

たとえば、

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、

という古文について、「主語」はどれですか? と聞かれた場合、正解は「(仁和寺にある)法師」です。

同時に、「仁和寺にある」という「修飾部」に対する「被修飾語」はどれですか? と聞かれた場合も、正解は「法師」になります。

「述語」はどれですか? と聞かれた場合、正解は「拝まざりければ」です。

「石清水を」という「修飾語」に対する「被修飾語」はどれですか? と聞かれた場合も、正解は「拝まざりければ」になります。

なお、「仁和寺にある」というパーツは文節ふたつぶんですので、一般的には「修飾」といいます。これを「連文節」というのですが、それについてはこちらをどうぞ。

連体修飾語と連用修飾語

最後に、今日は次のことばを覚えておきましょう。

「連体修飾語」(れんたいしゅうしょくご)

「連用修飾語」(れんようしゅうしょくご)

です。

ふたつくらいなら何とかなるな。

赤き 花

の「赤き」は「連修飾語」です。

おもしろく 咲きたり

の「おもしろく」は「連修飾語」です。

??

ちょっと難しいから、現代語でこちらから聞きたい。

いいでしょう。どうぞ。

輪になって踊ろう

「輪になって」は連修飾語(部)です。

ギリギリでいつも生きていたいから さぁ

「ギリギリで」は連修飾語です。

こわれそうなものばかり集めてしまうよ 輝きは飾りじゃない ガラスの十代

「こわれそうな」は連修飾語です。

「ガラスの」も連修飾語です。

ようこそ ここへ 遊ぼうよ パラダイス 胸のリンゴむいて

「パラダイス」はどこにもかかっていませんね。つまり、何かをくわしく述べているわけではないので、修飾語ではありません。

大人にゃ 見えない しゃかりき コロンブス 夢の島までは 探せない

「夢の」は連修飾語です。

わかったぞ!

「十代」とか「島まで」とか、「名前みたいなもの」を修飾しているのが「連修飾語」だ!

「踊ろう」とか「生きていたい」とか、「動き」や「状態」を修飾しているのが「連修飾語」だ!

だいたい正解です!

修飾語というものは、「物」や「名前」などを「より詳しく」述べるためのものです。

修飾語というものは、「動き」や「状態」や「性質」といったものを「より詳しく」述べるためのものです。

区別が難しいな。

現時点では何となくわかればいいです。

もう少し学習が進むと、「名詞」「動詞」「形容詞」「形容動詞」といった「品詞」の勉強に入っていきます。

そこまで進んだほうが、「連体」と「連用」の違いはもっとわかりやすくなりますよ。

先取りして言っておくと、「名詞」のことを別名「体言」といいます。

「動詞」「形容詞」「形容動詞」のことをまとめて「用言」といいます。

「体言」につらなるから「連体」で、「用言」につらなるから「連用」ということなのだな。

そのとおりです。

ですから、「体言」や「用言」の学習に進まないと、ここの知識はなかなか構築されません。今はだいたいの区別がつけばいいのです。

補足(目的語・補語について)

英語や漢文だと、「目的語」とか「補語」なんていう分類もあるのだな。

これについては現代語でお話ししますが、日本語でも、分けようとすれば分けられます。

たとえば、

トラネコは 午前中 縁側で 昼寝を した。
      修飾語 修飾語 修飾語 修飾語

という場合、「した」をいう述語に対して、「昼寝を」という情報は必須だと考えられます。

たしかに、

トラネコは 午前中 縁側で した。

と言っても、何をしたのかわからないな。

「昼寝を」という修飾語は、必須に見える

この「必須に見える修飾語」を「目的語」ということがあります。「必須補語」ということもあります。

通常、「~を」となっているものが「目的語」ですね。あとは、「~に」という表現が目的地や目的物を意味している場合は「目的語」の扱いになります。

一方、「午前中」「縁側」といった、「いつ」「どこで」といった情報は、文の根幹をなしているというよりは、「おまけ」の扱いです。

このように、「あったほうがいっそうよくわかるけれど、文の根幹(中心)になるとはいえない修飾語」を「補語」といいます。「副次補語」ということもあります。

おれはおさしみを食べる。

であれば、「おさしみを」というのが「目的語」なのだな。

おれは畳でツメをとぐ。

であれば、「ツメを」というのが「目的語」なのだな。

ええ。学校で習う文の成分としては「修飾語」に分類されますが、「目的語」ということもあります。

おれは出窓に行く。

であれば「出窓に」が「目的語」なのだな。

そして、

日曜日に公園に行く。

であれば、「日曜日に」は「補語」で、「公園に」は「目的語」なのだな。

そうです。

そのように、「~に」の場合は注意が必要です。

たとえば「日曜日にキャンプに行く」という場合、

「キャンプに」というのは「目的地」を意味しているので「目的語」といえます。

しかし、「日曜日に」という言葉は、目的地ではない(日曜日に向っているわけではない)ので、「目的語」とはいえません。

このように、「~に」という言い方は、「目的地」や「目的物」を意味しているわけではないものは「目的語」ではなく「補語」の扱いです。一般的に、「いつ」「どこで」という情報は「補語」ですね。

でも、英語とか漢文とかの文法名称とはちょっと違う気がする。

ええ。けっこう違います。

そもそも漢文でも、

① 目的語/補語 に分ける文法書

② 目的語+補語 をいっしょにして「目的語」と呼ぶ文法書

③ 目的語+補語 をいっしょにして「補足語」と呼ぶ文法書

などがあります。

出版社や研究者によって異なるのですね。

 

********** 

 

********** 

☆文法事項
減点されない古文