助動詞「つ」「ぬ」 ―「終了の成立」と「発生の成立」― 完了・確述・並列

古文には「~た」と訳す助動詞がたくさんあるけど、

「き」「けり」「過ぎ去ったことの回想」であって、

「つ」「ぬ」「たり」「り」「現象や動作の完了成立)」を意味しているというところまではわかったぞ。

そこまでわかれば相当なものですよ。

「き」「けり」についてはこちら。

「つ」「ぬ」「たり」「り」は、時制にとらわれないから、過去・現在・未来のどこにだって使えるということは理解した。

では、「つ」「ぬ」「たり」「り」のあいだには、どんな違いがあるのか?

「つ」「ぬ」は、「動作や現象にいったん区切りがついた」ことに重点があって、

「たり」「り」は、「発生した動作や現象がそのまま続いている」ことに重点があります。

そのため、もともと「たり」「り」のメインの意味は「存続」です。ついで「完了」の意味がありました。時代が経つと「完了」で使用されることが多くなりますけどね。

「たり」「り」は、「完了(~た)」で訳しても、「存続(~ている)」で訳しても、どちらでもいい場合がとても多いのです。

ただ、もともと「存続」の意味がメインなので、どちらでも訳せる場合には「存続」と答えておいたほうが無難ですね。

「つ」「ぬ」には「存続」の意味はないのか?

ありません。

「つ」「ぬ」は、ある運動の「完成・成立」といった「事実のを示す意味合いが強いので、「~ている」と訳すケースはないと考えていいです。

「つ」「ぬ」は、基本的には「~てしまう」「~た」です。

まずはその基本を見ておきましょう。

つ・ぬ の基本

助動詞「つ」の活用です。

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
 て / て / つ / つ る / つ れ / て よ

直前の語は「連用形」になります。

動詞でいう「下二段活用」だな。

もとが下二段活用動詞らしいからな。

「つ」は、つ」という動詞に由来していると言われます。

「棄つ」というのは「捨てる」「投げ捨てる」という意味の動詞です。

そのことからも、「つ」という助動詞は、「人為的・意図的な動作」につくことが多いです。

「花咲き」なんていう言い方はしないのか。

まあ、まず見かけないですね。

それを言うなら「花咲き」です。

助動詞「ぬ」の活用です。

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
 な / に / ぬ / ぬ る / ぬ れ / ね 

直前の語は「連用形」になります。

動詞でいう「ナ行変格活用」だな。

もとがナ変動詞らしいからな。

「ぬ」は、「去ぬ(往ぬ)」という動詞に由来していると言われます。

「去ぬ(往ぬ)」というのは「行ってしまう」「去る」という意味の動詞です。

「秋もいぬめり(秋も過ぎ去ってしまうようだ)」というように、自然の動きを示すことも多い動詞です。

そのことからも、「ぬ」という助動詞は、個人の意図ではなくて、「成り行きでそうなった」という動詞につきやすいです。「自然現象そのもの」にもつきます。

「雪降り」はありなんだな。

「ぬ」は、自然の状態や、個人的な意図とは関係が薄い動作につきやすいですからね。

注意点としては、「完了」とはいうものの、「ぬ」は「おしまい」というニュアンスではないんですよね。

個人の意志では止めることができない自然な流れのなかで、ある現象が起きてしまうことに「ぬ」はつきやすいんです。

ですから、むしろ何かが始まったときに「ぬ」がつくことも多いのですね。

「完了」っていうと誤解してしまいそうだけど、「ぬ」は「終わり」という感じじゃないんだな。

そうですね。

自然現象の「発生」を意味することが多いですね。

人間の動作にも「ぬ」をつけていいのか?

個人の意志終わらせる」というときには「つ」を使いがちですが、逆をいうと、

① 個人の意志ではない
② 「終了」ではなく「発生」的な意味合い


であれば、人間が主語であっても、「ぬ」を使います。

ですから、「あふ」とか「おもふ」とかには「つ」よりも「ぬ」がつきやすいですね。

「あひぬ」とか「おもひぬ」となります。

ああ~。

「あふ」はふたつの存在がぴったり会うことだし、「おもふ」は無意識に思っちゃうことがあるからな。

どちらも「個人の意図的行為」という範疇に収まりきらないね。こういうのには「つ」よりも「ぬ」がつきやすいんだな。

ことばの世界なので100%ではないんですが、そういう傾向はありますね。

開始の「ぬ」/終了の「つ」

繰り返しになりますが、「完了」とは言いますけれども、「ぬ」はどちらかというと、「ある現象がこの世に発生した」というニュアンスなんですよね。

「現実世界にあらわれることの完了」という感じかな。

まさにそうです。

ですから、「鳥鳴き」であれば、「鳥が鳴く」という現象が「この世に発生しきった」というイメージです。

じゃあ、「鳥鳴きぬ」と言ったあとでも、まだ鳥は鳴いているかもしれないんだな。

まったくそのとおりです。

一方、「鳥鳴き」であれば、「鳥が鳴く」という現象の「終了作業の完了」というイメージです。

なので、「鳥が鳴き終わった」ということを表現するのであれば、「鳥鳴きつ」ということがあります。

けっこう違うんだな。

本当は、

「ぬ」は「現象発生」とか「出来事成立」で、

「つ」は「作業終了」とでも名付けてほしいところなんですよね。

ところが、時代が経っていくと、お互いの使い方が混ざっていくところもありまして、結果的には「完了」という意味の広い語で名づけておくしかない事情もありますね。

ぬっとはじまり、つっとおわらせる

・・・けっこういいね。

ぬっとはじまり、つっとおわらせる

あとはどちらも、「確述(強意)」の意味と、「並列」の意味があります。

「並列」は、

浮き沈み

とか 

行き戻り

といったように、2回繰り返されて、「~たり、~たり」という訳になります。

「確述(強意)」の使い方は、説明のためにそこそこの文字数をついやしますので、別記事にしてあります。こちらを見てください。