そうす【奏す】 動詞(サ行変格活用)

意味

① (天皇・上皇・法皇に)申し上げる

ポイント

「奏(そう)」という字が、「神にささげる」という意味を持っています。

そのことから、地上における最高の存在であった「天皇・上皇・法皇」に対して発言する場合、「奏す」という謙譲語が用いられました。

ただし、常に「奏す」しか使用しないわけではないので、注意してください。「申す」「聞こゆ」「聞こえさす」などに比べると、「奏す」を目にする機会はそれほど多くはありません。

「演奏する」っていう意味じゃないんだな。

いえ、「演奏する」という意味もあるので、文脈で判断してください。

ただまあ、試験で問われる場合、たいていは「(天皇・上皇・法皇に)申し上げる」というほうの意味ですね。

天皇・上皇・法皇にしか使わないのは、天皇・上皇・法皇が「最高」だからなのか?

そのとおりです。

「最高」以外に「奏す」は用いません。

たとえば、「天皇・上皇・法皇」に次ぐ人である「皇后・皇太后・皇太子」に対しては、「啓す」という謙譲語を用います。意味は同じで「申し上げる」です。

なるほどな。

注意点としては、呼び方ですね。

「天皇・上皇・法皇」は、古文の文章中ではみかど」「うへ」「ゐんなどと呼ばれることのほうが多いので、気にしておきましょう。

「院」っていうのは、「上皇の住まい」であって、そのことから「上皇」を意味するって社会で教わったんだけど、「天皇」のことも「院」でいいの?

古文って、基本的に以前のことを振り返って語って(書いて)いますよね。

そのため、その文章の「出来事」が起きている時には「天皇」であっても、その話を語っている(書いている)ときにはすでに引退しているケースがほとんどです。

そんなわけで、文中では「院」と書いてあっても、訳では「〇〇天皇」となっている場合がありますね。