右大将道綱の母/太政大臣兼家 『大鏡』 現代語訳

『大鏡』より、「右大将道綱の母/太政大臣兼家」の現代語訳です。

ここに出てくる「女院」は、「藤原詮子」のことで、円融天皇の女御です。

その父「藤原兼家」の長男が「道隆」です。詮子からみるとお兄さんですね。

「兼家」は正妻とのあいだに「道隆」をもうけておりましたが、その後「陸奥守倫寧」の娘さんに求婚し、「道綱」が生まれます。この「道綱」の母こそが、「蜻蛉日記」の作者である「藤原道綱の母」です。

兼家はさらに別の恋人もいましたから、『蜻蛉日記』には、そういった苦悩が描かれていくことになります。

今回のお話のもととなる文章も『蜻蛉日記』にあります。

ああ~。

それはやすやすと門を開けたくはないよね。

この父大臣の御太郎君、~

この父大臣おとどの御太郎君、女院の御一つ腹の道隆みちたか大臣おとど内大臣ないだいじんにて関白せさせたまひき。二郎君、陸奥守みちのくにのかみ倫寧ともやすの主の女の腹におはせし君なり。道綱みちつなと聞こえし。大納言までなりて、右大将かけたまへりき。この母君、きはめたる和歌の上手におはしければ、この殿の通はせたまひけるほどのこと、歌など書き集めて、『蜻蛉かげらふ日記にき』と名づけて、世に広めたまへり。

この(女院【詮子】の)父大臣【藤原兼家】のご長男は、女院【詮子】の同腹の道隆の大臣で、内大臣であって関白をしていらっしゃった。ご次男は、陸奥守藤原倫寧の主の娘の腹にいらっしゃった【腹からお生まれになった】方である。道綱と申し上げた。大納言にまでなって、右大将を兼ねていらっしゃった。この(道綱の)母君は、この上ない和歌の名人でいらっしゃったので、この殿【兼家】がお通いになったころのことや、和歌などを書き集めて、『蜻蛉日記』と名付けて、世にお広めになった。

殿のおはしましたりけるに、~

殿のおはしましたりけるに、かどを遅く開けければ、たびたび御消息せうそこ言ひ入れさせたまふに、女君、

嘆きつつ 独り寝る夜の あくるまは いかに久しき ものとかは知る

いと興ありとおぼし召して、

げにやげに 冬の夜ならぬ 真木の戸も 遅く開くるは 苦しかりけり

殿【兼家】がおいでになった時に、(女君は)門をなかなか開けなかったので、たびたび(従者に)来意を告げさせなさったところ、女君は、

(門が開くまでの時間とは比べようもなく、あなたが来ない日に)嘆きながら一人で寝る夜の、明けるまでの間は、どんなに長いものとおわかりになるか、いや、おわかりになるまい。

(兼家はこの歌を)たいそう趣きがあるとお思いになって、

ほんとうにまったく(そのとおりだ。とはいえ、)冬の夜ではない(今夜ここで)真木の戸がなかなか開かないことも、つらいものだなあ。

ちなみに、結局兼家は入れてもらえなくて、別の女の家に行ったらしいです。

それで、道綱母は「嘆きつつ~」の歌を色あせている菊に挿して送るのですが、それに兼家が返した歌が「げにやげに~」の歌であったようです。

兼家・・・

「いと興あり」とか思っている場合じゃないよね。

そのへんの流れは元ネタである『蜻蛉日記』でどうぞ。

 

********** 

 

********** 

■現代語訳
減点されない古文