あらまほし 連語/形容詞(シク活用)

理想のイメージ

意味

連語 動詞「あり」+助動詞「まほし」

(1)あってほしい・ありたい

形容詞

(1)理想的だ・望ましい

ポイント

もともとは、動詞「あり」+助動詞「まほし」であり、「存在することを希望する」ということです。

ある事物や現象に対して、「こうあってほしいと思えるほどだ」とほめている場合には、一語の形容詞として考えます。

こりゃあ、区別がややこしいね。

単純に「あってほしい・存在してほしい」と希望している・・・・・・場合には、動詞「あり」+助動詞「まほし」なのです。

それに対して、何らかの事物や現象について、「こうであってほしいよね」肯定的評価・・・・・をしている場合、「あらまほし」で一語の形容詞と考えます。「あらまほし」という表現そのものが、「ほめことば」になっているケースです。その場合は、「理想的だ」「望ましい」などと訳します。

ふむふむ。

たとえばですが、具体的な月に対して、「あらまほしき月なり」などと称賛したとします。

その場合、「月」に対して、「理想的な月だ」「望ましい月だ」と肯定的に評価していることになります。これは、「月」の状態や性質を「形容」していることになりますよね。

ああ~。

これを「存在してほしい」と訳すのはへんだね。

現代語でも、すばらしい俳優さんなどに対して、「役者はこうあってほしいねえ!」などとほめる場合、「理想的だ」「望ましい」と形容していることになります。

このように、古語の「あらまほし」は、何らかの対象を「理想のイメージどおり!」とほめている場合には、一語の形容詞と考えます。

それに対して、何かの「物体そのもの」が「存在してほしい」希望している場合は、動詞「あり」+助動詞「まほし」と考えます。

じゃあ、たとえば、旧暦八月十五日の昼ごろに、

「今宵は あらまほしきあらまほし(今夜は 理想的な 月が あってほしい)」

と言ったとしたら、1つめの「あらまほし」一語の形容詞で、2つめの「あらまほし」「動詞+助動詞」ということだな。

そういう使い方を見たことはありませんが、理屈のうえではそういうことになりますね。

例文

少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。(徒然草)

(訳)ちょっとしたことでも、先導する者はあってほしいことである。

「先達」という「存在そのもの」が「あってほしい」と願っているので、動詞「あり」+助動詞「まほし」です。

人はかたち、ありさまの、優れたらんこそあらまほしかるべけれ。(徒然草)

(訳)人間は容貌や、風采が、すぐれているような人こそ、理想的だろう【望ましいだろう】。

「人は」というテーマについて、「姿かたちが優れている人」という例を挙げて、それを「理想的だ」と述べていることになるので、一語の形容詞と考えます。

これ、最初の「人は」という主題(テーマ)がなかったら、

「姿かたちが優れている人」が「いてほしいはずだ」ってことになって、動詞「あり」+助動詞「まほし」っていう解釈にならない?

「人は」がなければ迷うかもしれませんね。

ただ、仮に「人は」がなかったとしても、この章の文の流れが、「こういう人は、好ましい」「こういう人は、立派ではない」というように、人物をジャンル分けして「評価」しているものなので、「理想的だ」「望ましい」という形容詞で解釈するほうがいいですね。

このように、前後の文脈も見ないと判断しにくいケースもあります。

ところで、『徒然草』に出てくる「あらまほし」は、ほとんどが「一語の形容詞」です。上の例文にある「先達はあらまほしきことなり」のように、明確に「動詞+助動詞」と考えられるもの以外は、「形容詞」のほうで考えておきましょう。

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文