助動詞「き」「けり」について ― 語り手はどこから過去を見ているか ―

現代語では「~た」しかないのに、古文では、

「き」「けり」
「つ」「ぬ」「たり」「り」

とか、たくさんあってややこしいな。

たくさんある理由は、それらの助動詞のニュアンスがすべて異なるからです。

まず、「き・けり」と、「つ・ぬ・たり・り」は完全に別です。

「き・けり」「過去」で、

「つ・ぬ・たり・り」「完了」ですね。

さらに言えば、

「き」 語り手自身のいる世界を振り返った過去(回想)
「けり」 語り手が客観的に一歩引いた視点から語る過去(回想)
「つ」 ある出来事の成立・発生としての「完了」
「ぬ」 ある出来事の終了・完結としての「完了」
「たり」 存続(存続でなければ完了)
「り」 存続(存続でなければ完了)

というニュアンスの違いがある。

ぐはあ。

大前提としておさえておきたいことは、

「過去」「過ぎ去ったことへの回想」を意味しており、

「完了」「動作や状態が完了(成立)すること」を意味している

ということです。

ですから、「き・けり」「つ・ぬ・たり・り」はまったくの別物です。

「き・けり」「過去回想」の目印ですが、

「つ・ぬ・たり・り」「作業完遂・現象成立」の目印です。

ひとまず今日は「過去」の助動詞「き」「けり」について見ておきましょう。

き  語り手のいる世界をそのまま振り返った過去

助動詞「き」

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(せ)/ ○ / き / し / し か / ○ 

直前の語は「連用形」になります。

(直前がサ変動詞とカ変動詞の場合、その未然形につくこともあります。)

「き」の特徴は、「記憶に強く残っている体験の回想」を示すことです。

そのため、「語り手のいる時間軸における過去点」を意味することが多くなります。

例文その1

鬼のやうなるもの出で来て殺さむとし

【訳】鬼のようなものが出て来て(私を)殺そうとし

例文その2

花こそ咲きしか鳥は来鳴かず

【訳】花は咲いが鳥は鳴かない

けり  ある出来事を別次元から振り返った過去

助動詞「けり」

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(けら)/ ○ / け り / け る / け れ / ○ 

直前の語は「連用形」になります。

「けり」は、「あり」がつまったものだと言われています。

「かつての出来事が、今の話し手や書き手のところにやって来る」というニュアンスです。

つまり、「き」の場合、「その過去のリアルタイムの実像」が、「語り手」自身の脳内に強く保持されています

一方、「けり」「その過去のリアルタイムの実像」が、「語り手」自身の脳内に強くあるわけではありません。「別の人の体験を聞いた過去」とか「あとになって気がついた過去」を意味するのですね。

したがって、「けり」は、次のような場合に使用されやすいです。

① 人から聞いた過去(伝聞過去・伝承過去)
② あとになって気がついた過去(詠嘆を含む気づき)


「あとになって気がついた過去」は、たいてい、一種の感慨をもって胸に迫ってくるので、「詠嘆」の用法と言われます。

「けり」は、心理的に「その過去そのもの」に直面していないということなんだな。

基本的にはそのとおりです。

または、その場にはいたかもしれないけれども、特別なものとしては記憶されていなかった過去です。

例文その1

今は昔、竹取の翁といふ者ありけり

【訳】今となっては昔のことだが、竹取の翁という者がい【いたということだ】。

「伝聞過去」というやつだな。

例文その2

今宵は十五夜なりけり

【訳】今夜は十五夜であったのだなあ

「気づきの過去」というやつだな。

これが別名「詠嘆」になるんだな。

そうです。

どのパターンでも、「けり」は「それが起きた時点」では知らなかった(強く記憶していなかった)過去を表します。

現在でも、「あれ、今日の試験って国語だったっ?」などと言いますよね。

この「け」は「けり」の「け」が残ったものです。

現在でも「回想」に使っているということだな!

平安末期以降には、「けり」は「単なる過去」や「単なる詠嘆」の意味合いでも使用されていきますが、基本的にはやはり「けり」は「回想」のニュアンスが濃い助動詞ですね。