肝だめし 『大鏡』 現代語訳

『大鏡』より、「肝だめし(道長の豪胆)」の現代語訳です。

四条の大納言のかく何事もすぐれ、~

四条しでうの大納言のかく何事もすぐれ、めでたくおはしますを、大入道殿おほにふだうどの、「いかでか、かからむ。うらやましくもあるかな。わが子どもの、影だに踏むべくもあらぬこそ、口惜しけれ。」と申させたまひければ、中関白殿なかのくわんぱくどの粟田殿あはたどのなどは、げにさもとやおぼすらむと、恥づかしげなる御気色みけしきにて、ものものたまはぬに、この入道殿は、いと若くおはします御身おほんみにて、「影をば踏まで、面をやは踏まぬ。」とこそ仰せられけれ。まことにこそさおはしますめれ。内大臣殿ないだいじんどのをだに、近くてえ見たてまつりたまはぬよ。

四条大納言【藤原公任】がこのように何事にも優れて、立派でいらっしゃるのを、大入道殿【藤原兼家】は、「どうして、(公任は)こうであるだろうか【このように優れているのだろうか】。うらやましいことだなあ。私の子どもたちが、(公任の)影さえ踏むこともできないことが、残念だ。」と申し上げなさったところ、中関白殿【藤原道隆】や粟田殿【藤原道兼】などは、本当にそのように(父・兼家が)お思いになっているだろうと、恥ずかしそうなご様子で、ものもおっしゃらないが、この入道殿【藤原道長】は、たいそう若くいらっしゃる御身でありながら、「(公任の)影を踏まないで、顔を踏まないことがあろうか、いや、踏んでやろう。」とおっしゃった。(今の道長は)本当にそのようでいらっしゃるようだ。(今の公任は、道長どころか、道長の息子の)内大臣殿【藤原教通】でさえ(地位の違いから)近くで拝見することがおできにならないことよ。

さるべき人は、~

さるべき人は、とうより御心魂みこころだましひのたけく、御守りもこはきなめりとおぼえはべるは。花山院くわさんゐん御時おほんときに、五月しもつ闇に、五月雨も過ぎて、いとおどろおどろしくかきたれ雨の降る、帝、さうざうしとやおぼしめしけむ、殿上てんじやうに出でさせおはしまして、遊びおはしましけるに、人々物語申しなどしたまうて、昔恐ろしかりけることどもなどに申しなりたまへるに、「今宵こよひこそいとむつかしげなるなめれ。かく人がちなるにだに、気色けしきおぼゆ。まして、ものはなれたる所などいかならむ。さあらむ所に、一人なむや。」と仰せられけるに、「えまからじ。」とのみ申したまひけるを、入道殿は、「いづくなりとも、まかりなむ。」と申したまひければ、さるところおはします帝にて、「いと興あることなり。さらば行け。道隆は豊楽院ぶらくゐん、道兼は仁寿殿しじゆうでん塗籠ぬりごめ、道長は大極殿だいごくでんへ行け。」と仰せられければ、よその君達は、「便なきことをも奏してけるかな。」と思ふ。

そうであるはずの人【後年出世するのが当然の人(道長のような人)】は、早くから御精神力が強く、(神仏の)ご加護も強いものであるようだと思われますよ。花山院の御時代に、五月下旬の闇夜【月のない夜】に、五月雨【梅雨の時期】も過ぎて、たいそう気味が悪く雨雲が垂れ込めて雨が降る夜、帝は、物足りない【することがなくてつまらない】とお思いになったのだろうか、殿上(の間)におでましになられて、管絃の演奏などでお遊びになっていらっしゃったところ、人々がお話を申し上げるなどしなさって、昔恐ろしかったことなどに移りなさったときに、「今夜はたいそう気味が悪そうな夜であるようだ。このように人がたくさんいてさえ、不気味な気配を感じる。まして、(人がいるところから)離れている所などはどうであろう。そのような所に、一人で行けるだろうか。」とおっしゃったところ、「とても参ることはできないだろう。」とだけ(人々が)申し上げなさったが、入道殿は、「どこへでも、きっと参ろう。」と申し上げなさったので、そのようなところ【そのようなことを面白がるところ】がおありになる帝で、「たいそうおもしろいことである。それならば行け。道隆は豊楽院へ、道兼は仁寿院の塗籠、道長は大極殿へ行け。」とおっしゃったので、ほかの君達は、「(道長は)都合の悪いことを申し上げたことだなあ。」と思う。

また、承らせたまへる殿ばらは、~

また、承らせたまへる殿ばらは、御気色みけしき変はりて、「やくなし。」とおぼしたるに、入道殿は、つゆさる御気色もなくて、「私の従者をば具しさぶらはじ。この陣の吉上まれ、滝口まれ、一人を『昭慶門せうけいもんまで送れ。』と仰せごとべ。それより内には一人入りはべらむ。」と申したまへば、「そうなきこと。」と仰せらるるに、「げに。」とて、御手箱おんてばこに置かせたまへる小刀して立ちたまひぬ。いま二ところも、苦む苦むおのおのおはさうじぬ。

また、(花山院の命令を)お受けになられた殿たち【道隆・道兼】は、お顔色が変わって、「困ったことだ。」とお思いになっていますが、入道殿【道長】は、少しもそのようなご様子もなくて、「私の家来は連れて行きますまい。この(近衛の)陣の吉上でも、滝口(の武士)でも、誰か一人に、『(道長を)昭慶門まで送れ。』とご命令をお下しください。そこから内へは一人で入りましょう。」と申し上げなさると、(帝は)「(一人だと、大極殿まで行ったかどうか)証拠がないことだ。」とおっしゃるので、「なるほど。」と思って、御手箱に置いていらっしゃる小刀をいただいてお出かけになった。もうお二方も、苦い顔をしながら【しぶしぶ】それぞれお出かけになった。

「子四つ。」と奏して、~

「子四つ。」と奏して、かく仰せられ議するほどに、丑にもなりにけむ。「道隆は、右衛門の陣より出でよ。道長は承明門より出でよ。」と、それをさへ分かたせたまへば、しかおはしましあへるに、中関白殿、陣まで念じておはしましたるに、宴の松原のほどに、そのものともなき声どもの聞こゆるに、ずちなくて帰りたまふ。粟田殿は、露台の外まで、わななくわななくおはしたるに、仁寿殿の東面のみぎりのほどに、軒とひとしき人のあるやうに見えたまひければ、ものもおぼえで、「身の候はばこそ、仰せ言も承らめ。」とて、おのおの立ち帰り参りたまへれば、御扇みあふぎをたたきて笑はせ給ふに、入道殿は、いと久しく見えさせたまはぬを、「いかが。」と思し召すほどにぞ、いとさりげなく、ことにもあらずげにて、参らせたまへる。

「子四つ。」と(宿直の役人が)帝に申し上げ、このようにおっしゃって相談しているうちに、丑の刻にもなったのだろう。「道隆は右衛門の陣から出でよ。道長は承明門から出でよ。」と、それ(出発するところ)までもお分けになったので、そのとおりにしていらっしゃったが、中関白殿【道隆】は、(右衛門の)陣までは我慢していらっしゃったが、宴の松原のあたりで、得体のしれない声々が聞こえたので、どうしようもなくてお帰りになる。粟田殿【道兼】は、露台の外まで、ぶるぶる震えていらっしゃったが、仁寿殿の東面の砌【軒下の石畳】のあたりに、軒(の高さ)と同じ大きさの人がいるようにお見えになったので、正気ではいられず、「体がございますからこそ、ご命令もお受けすることができよう。」といって、それぞれ引き返してまいりなさったので、(帝は)御扇をたたいてお笑いになったが、入道殿【道長】は、たいそう長いことお見えにならないので、「どうしたのか。」とお思いになっているうちに、たいそうさりげなく、何事でもないような様子で、(帰って)まいりなさった。

「子の刻」は、「午後11時~午前1時」で、「四つ」は、それを4分割した最後の時間帯を指します。つまり、「午前0時30分~午前1時ごろ」になります。

「丑の刻」は、「午前1時~午前3時」で、ここでは「丑にもなりにけむ」という表現から、「丑の刻の最初のほう」であると考えられますので、3人が肝だめしに出かけたのは「午前1時~午前2時」のころだと思われます。

「いかにいかに。」と問はせたまへば、~

「いかにいかに。」と問はせたまへば、いとのどやかに、御刀に、削られたる物を取り具して奉らせたまふに、「こは何ぞ。」と仰せらるれば、「ただにて帰り参りてはべらむは、証さぶらふまじきにより、高御座たかみくら南面みなみおもての柱のもとを削りてさぶらふなり。」と、つれなく申したまふに、いとあさましくおぼしめさる。こと殿たちの御気色は、いかにもなほ直らで、この殿のかくて参りたまへるを、帝よりはじめ感じののしられたまへど、うらやましきにや、またいかなるにか、ものも言はでぞさぶらひたまひける。

「どうであった。どうであった。」と(帝が)お尋ねになると、(道長は)たいそう落ち着いて、御刀に、削られた物を取り添えて差し上げなさるので、「これは何だ。」とおっしゃると、「手ぶらで帰ってまいりましたら、(実際に行った)証拠がございますまいから、高御座の南面の柱の下を削ってございます。」と、平然と申し上げなさるので、(帝は)たいそう驚きあきれる思いをしなさる。他の殿たち【道隆・道兼】のお顔色は、どのようにしてもやはり直らず、この殿【道長】がこのように帰ってまいられたのを、帝をはじめ(周囲の者が)感心してほめそやしなさるが、うらやましいのだろうか、それともどういう気持ちなのだろうか、ものも言わずに控えていらっしゃった。

なほ疑はしく思し召されければ、~

なほ疑はしくおぼしめされければ、つとめて、「蔵人して、削りくづをつがはしてみよ。」と仰せごとありければ、持て行きて、押しつけて見たうびけるに、つゆたがはざりけり。その削り跡は、いとけざやかにてはべめり。末の世にも、見る人はなほあさましきことにぞ申ししかし。

(帝は)それでもやはり疑わしくお思いになったので、翌朝、「蔵人に(命じて)、削り屑を(柱の削り跡に)あてがわせてみよ。」というお命じがあったので、(蔵人が)持って行って、(柱の削り跡に)押しつけて見なさったところ、少しも違わなかった。その削り跡は、たいそうはっきりとしているようでございます。後の世にも、(削り跡を)見る人はやはり驚きあきれることだと申したことだ。

 

********** 

 

********** 

■現代語訳
減点されない古文