手づからはた、えせぬことなれば、(源氏物語)

〈問〉次の傍線部を現代語訳せよ。

例の方におはして、髪は尼君のみ削りたまふを、別人ことひとに手触れさせむもうたておぼゆるに、手づからはた、えせぬことなれば、ただすこし解き下して、 親に今一度かうながらのさまを見えずなりなむこそ、人やりならず、いと悲しけれ。いたうわづらひしけにや、髪もすこし落ち細りたる心地すれど、何ばかりも衰へず、いと多くて、六尺ばかりなる末などぞ、いとうつくしかりける。筋なども、いとこまかにうつくしげなり。

源氏物語

現代語訳

いつもの部屋にいらっしゃって、髪は尼君だけがお梳きになるのを、他人に手を触れさせるようなことも嫌に思われるが、自分自身ではそうはいっても、できないことであるので、ただわずかに解きおろして、親にもう一度このままの姿を見せることがなくなったのは、自ら決めたこと(だが)、たいそう悲しい。ひどく病んだからだろうか、髪(の量)も少し落ちて細くなった感じがするが、それほども衰えず、たいそう多くて、六尺ほどある末【髪先】などは、とても美しかった。(髪の)毛筋なども、たいそうきめこまやかで美しく見える。

ポイント

手づから 副詞

「手づから」は、「自分の手で」「自分で」の意味になる副詞です。

はた 副詞

「はた」は

①また (並立)
②やはり・そうはいっても  (対立)
③しかしながら (対立)
④(下に打消の語を伴って)言うまでもなく おそらく

など、いろいろな訳になります。

ここでは、文脈上、「他人には髪を触れさせたくないが、そうはいっても自分ではできない」という「対立」になるので、「やはり」「そうはいっても」「しかしながら」などを採用しましょう。

え 副詞 (~打ち消し表現)

「え~打ち消し表現」は「不可能」を意味します。

訳は「(とても)~できない」としておきましょう。

「とても」は記述問題なら書かなくても問題ありませんが、選択肢問題なら書かれていることがあります。「とてもではないが行くことはできない」など、大仰に書かれていることもあります。

「え」は、ア行下二段動詞「得(う)」の連用形の名残だと言われています。

『古事記』には「御舟え進みき。(お舟はうまく進むことができた。)」のように、「うまくできる」の意味で使用されていましたが、中古以降の用法では、基本的に打ち消し表現や反語表現を伴い、「できない」の意味で用いられました。

す 動詞

「せ」はサ行変格活用動詞「す」です。

直後に「ぬ」(助動詞「ず」の連体形)があるので、未然形になっています。

ず 助動詞

「ぬ」は、打消の助動詞「ず」です。

直後に、「こと」という体言があるので、連体形になっています。

「せぬこと」ならば「しないこと」になりますが、そこに「え」がついています。

こと」というセットで、「できないこと」という訳になります。

なり 助動詞

「なれ」は、断定の助動詞「なり」です。

接続助詞「ば」の直前は、未然形か已然形になりますが、「なれ」という形は「已然形」です。

古文では、「なら」「なり」「なる」「なれ」といったひらがなは非常によく出現します。

それらは、主に

①断定の助動詞「なり」
②伝聞の助動詞「なり」
③形容動詞の一部
④動詞「なる」

のいずれかになります。

① 直前が「体言」か、「活用語の連体形」であるものは、の断定の助動詞です。

② 直前が「終止形」であるものは、の伝聞の助動詞です。

③ 直前が、「豊か」「静か」のように、何かを「形容」していれば、「豊かなり」「静かなり」で一語の形容動詞です。

④ 「~になる」という現代語と同じ使い方になっているものは「動詞」です。

原則的に、「(体言)になる」というように、助詞「に」についている「なる」は動詞です。

また、「(動詞の未然形)ずなる」というように、助動詞「ず」についている「なる」も動詞です。

たとえば、「会はずなりけり」といった場合、「なり」は動詞です。「会わなくなった」と訳します。文脈によっては「結婚関係を解消した」というニュアンスです。

さて、今回の例文は、「なり」の直前に「こと」という体言があるので、「断定の助動詞」です。

ば 接続助詞

「ば」は、未然形にも已然形にも付くことができる特殊な助詞です。

ただし、訳の仕方が異なります。

未然形 + ば  順接仮定条件
已然形 + ば  順接確定条件

です。

たとえば、

「雨降らば」であれば、「降ら」が「未然形」ですから、「仮定」のこととして訳します。「(もし)雨が降るならば」となります。

「雨降れば」であれば、「降れ」が「已然形」ですから、「確定」のこととして訳します。「雨が降るので」となります。

〈+α〉

そもそも、未然形という形が、「未だ然らず(いまだしからず)」ということですから、ある状態が成立していないことを意味しています。そのため「仮定条件」の訳になります。

一方で、已然形という形は、「已に然り(すでにしかり)」ということですから、ある状態がすでに成立していることを意味しています。

そのため、「確定条件」の訳になります。「~ので、」「~から、」と因果関係のように訳すことが多くなります。

ただし、過去や完了の助動詞について、「~ければ、」「~たれば、」などのようになっている場合、「~したところ、」というように、単純な順接で訳す場合もかなり出てきます。

今回の例文は、前後の文脈を見るかぎり、「因果」で訳すのがよいですね。