つゆまどろまずながめあかいしものを(更級日記)

〈問〉次の傍線部を現代語訳せよ。

同じ心に、かやうにいひかはし、世の中のうきもつらきもをかしきも、かたみにいひかたらふ人、筑前に下りて後、月のいみじうあかきに、かやうなりし夜、宮に参りてあひては、つゆまどろまずながめあかいしものを、恋しく思ひつつ寝入りにけり。

更級日記

現代語訳

気心があって、このように会話し、世間のいやなことも、つらいことも、おもしろいことも、お互いに言い語らい合う人が、筑前に下った後、月のたいそう明るいとき、このように(月がすばらしく)なった夜には、御所に参上して会っては、少しもうとうとせず【まったく浅くも眠らず】ぼんやりと(月を)眺めて夜を明かしたのになあ、(と)恋しく思いながら眠りについた。

ポイント

つゆ 副詞

「つゆ」は「露」ですから、わずかなものを意味します。

下に打ち消し表現を伴うと、「少しも(~ない)」と訳します。

ここでは、「ず」と呼応しています。

まどろむ 動詞

「まどろま」は、マ行四段活用動詞「まどろむ」です。

ここでは直後に「ず」があるので、未然形になっています。

「まどろむ」は「浅く眠る」「うとうとする」と訳します。

ながむ 動詞

「ながめ」は、マ行下二段活用動詞「ながむ」です。

ここでは、直後に動詞「あかす」があるので、連用形になっています。

「眺む」と「詠む」

「ながむ」は、「眺む」と書くときと、「詠む」と書くときがあります。

①「眺む」ならば「ぼんやり見る」「物思いに沈む」と訳します。

②「詠む」ならば「歌を詠む(口ずさむ)」と訳します。

漢字で書かれていれば判別は容易ですが、ひらがなで書かれている場合は、①なのか②なのか、前後関係から判断しましょう。

ここでは眺める対象である「月」が話題になっていますので、「ぼんやり見る」と考えればいいですね。

あかす 動詞

「あかい」は、サ行四段活用動詞「明かす」です。

直後に、過去の助動詞「き」があるので、連用形になっています。

連用形は「あかし」です。その「し」がイ音便化して、「あかい」になっているのです。

四段活用の連用形は、音便化しやすいのです。

「明かす」は、 「夜を明かす」「明らかにする」 などと訳しますが、ここでは文脈上「夜を明かす」がよいでしょう。

き 助動詞

「し」は、過去の助動詞「き」です。

直後に「もの」という体言があるので、連体形になっています。

過去の助動詞「き」は、「せ/〇/き/し/しか/〇」と活用します。連体形は「し」です。

ここでは「つゆまどろまず」になっていますが、他の作品などでは、「つゆまどろまず」という言い回しで登場することが多いですね。

『更級日記』でも、他の箇所に「つゆまどろまず」という表現が出てきます。

その場合、「まどろまれず」の「れ」は、助動詞「る」の未然形です。

助動詞「る」「らる」は、打ち消し表現を伴うと、「可能」の意味になりやすいです。

そこで、「つゆまどろまれず」は、「少しもうとうとすることができずに」とか「少しもうつらうつらできずに」などといったように、「できない」というニュアンスで訳すことになります。