なげく【嘆く】 動詞(カ行四段活用)

長い息!

意味

(1)ため息をつく・嘆息する

(2)悲嘆する・悲しむ・悲しんで泣く

(3)嘆願する・願い祈る・請い願う

ポイント

「長息(ながいき)」が「なげき」になり、動詞化したものと言われます。

そのことから、第一義としては「ため息をつく」という意味になります。

ため息をつくような心理状態として、「悲しむ」という意味でよく使いますね。

(3)の「嘆願する」っていうのは、「長い息を吐きながらお願いする」っていうことなのかな。

心から強い気持ちでお願いする場合には、あっさり述べるのではなく、丁寧にゆっくり述べるでしょうから、「長息 ≒ 心を込めたお願い」という関係が成り立つでしょうね。

お願いの相手が神仏などであれば、なおさら「呪文っぽい」言い方で詠唱するように言いますよね。

ああ~。

たしかに、初詣でお願いごとをするときなんかは、早口でテキパキと言うわけじゃなくて、おごそかにゆっくりと唱える気がするね。

例文

大野山 霧立ち渡る わが嘆く おきその風に 霧立ち渡る (万葉集)

(訳)大野山に霧が立ち込めている。私がため息をつく。そのため息の風によって、霧が立ち込める。

このことをなげくに、ひげも白く、腰もかがまり、目もただれにけり。(竹取物語)

(訳)このこと【かぐや姫が月に帰ること】を悲しんで泣くので、ひげも白くなり、腰も曲がり、目もただれてしまった。

世の中に さらぬ別れの なくもがな 千代もとなげく 人の子のため (古今和歌集)

(訳)世の中に、避けられない別れ【死別】がないといいなあ。(親が)千年も(生きるように)と願い祈る人の子のために。

 

*****おすすめの本あれこれ*****