ゆゆし 形容詞(シク活用)

意味

① 不吉だ・はばかられる

② すばらしい・神聖でおそれおおい

③ 並々でない・はなはだしい

ポイント

」という語が重なって形容詞化しました。

「斎」は、人間が軽はずみに近づいてはならない神聖な場所(もの)、または不浄な場所(もの)を表しています。

そのことから、霊的な存在感ゆえに忌避したいものに対して「ゆゆし」と形容するようになりました。

マイナスの意味で使用されていれば「不吉だ」「はばかられる」、プラスの意味で使用されていれば「すばらしい」「神聖でおそれおおい」、程度の大きさを意味しているのであれば「並々でない」「はなはだしい」などと訳すことになります。

考え方が「いみじ」に似ているね。

「ゆゆし」と「いみじ」は、かなり似た使い方をされます。

「ゆゆし」のほうが、比較的「神仏的なもの」や「霊的なもの」の話題に使用されやすいですけど、きっぱりとした区別はできません。

実際、「忌忌し」と書いて「ゆゆし」と読むこともあります。

「とてもよい」「とても悪い」「はなはだしい」という3パターンの訳し方をするという点では、ほぼ同じですね。

例文

上下泣き騒ぎたるは、いとゆゆしく見ゆ。(源氏物語)

(訳)身分が上の者も下の者も泣き騒いでいるのは、たいそう不吉に見える。

ただ人も、舎人など賜はるるきははゆゆしと見ゆ。(徒然草)

(訳)普通の貴族も、舎人などの役職をいただく身分はすばらしいと思われる。

おのおの拝みて、ゆゆしく信おこしたり。(徒然草)

(訳)人はそれぞれ拝んで、並々でなく信仰心をおこした。