なでふものをか嘆き侍るべき。(竹取物語)

〈問〉次の傍線部を現代語訳せよ。

三年みとせばかりありて、春の初めより、かぐや姫、月のおもしろう出でたるを見て、常よりももの思ひたるさまなり。ある人の、「月の顔見るは、忌むこと」と制しけれども、ともすれば、人間ひとまにも月を見ては、いみじく泣き給ふ。七月ふみづき十五日もちの月に出でゐて、せちにもの思へるけしきなり。近く使はるる人々、竹取の翁に告げていはく、「かぐや姫、例も月をあはれがり給へども、このごろとなりては、ただごとにも侍らざめり。いみじくおぼし嘆くことあるべし。よくよく見奉らせ給へ」と言ふを聞きて、かぐや姫に言ふやう、「なんでふ心地すれば、かく物を思ひたるさまにて、月を見給ふぞ。うましき世に」と言ふ。かぐや姫、「見れば、世間心細くあはれに侍る。なでふものをか嘆き侍るべき」と言ふ。かぐや姫のあるところにいたりて見れば、なほもの思へるけしきなり。

現代語訳

三年ほど経って、春の初めから、かぐや姫は、月が趣深く出ているの見て、いつもよりも物思いに沈む様子である。ある人が、「月の顔を見るのは、不吉で避けるべきこと」と言って制止したが、それでも、人目につかない間にも月を見ては、並々でなくお泣きになる。七月の十五日の月に(かぐや姫は縁側に)出て座って、切実に物思いにふけっている様子である。(姫の)近くで仕えている人々が、竹取の翁に告げて言うには、「かぐや姫は、普段も月をしみじみと感慨深く思っていらっしゃるが、このごろとなっては、いつもの様子でもございませんように見える。たいそう思い嘆きなさることがあるにちがいない。よくよく見て差し上げてください」と言うのを聞いて、(翁が)かぐや姫に言うには、「どういう気持ちがするから、このように物思いにふけっている様子で月をご覧になるのか。すばらしい世の中に」と言う。かぐや姫は、「(月を)見ると、世の中が心細くしみじみした気持ちになります。どうして物事を悲しむでしょうか、いや、悲しみません」と言う。(しかし、そのあと翁が)かぐや姫のいるところに行って見ると、やはり物思いにふけっている様子である。

ポイント

なでふ 副詞

「なでふ」は、「用言」を修飾している場合は「副詞」として扱い、「体言」を修飾している場合には「連体詞」として扱います。

連体詞ならば「どういう〇〇」と訳しましょう。

副詞ならば「どうして〇〇」と訳しましょう。

「なにといふ」が「なにてふ」になり、その後「なんでふ」に変化したことばです。

「ん」が表記されず、「なでふ」と書かれることもあります。

傍線部の前にある「なんでふ心地」のところは、連体詞の「なんでふ」ですね。「どういう気持ち」などと訳します。

傍線部の「なでふ」は「副詞」ですね。

どうして⇒嘆きますか」と訳します。

か 係助詞

「か」は、「係助詞」です。

「か」は「疑問」か「反語」になります。どちらであるのかは文脈判断です。

ここでは、文脈上「反語」と判断します。

「疑問」というのは、「普通の質問」のことです。「答えを要求する疑問文」のことですね。

「反語」というのは、表面上は疑問形なのですが、表現者のほうですでに「そうではない!」という答えが決まっているものです。実質的に「主張」をしていることになります。

嘆く 動詞(カ行四段活用)

「嘆き」は、動詞「嘆く」の連用形です。

もともとは「長」「息」であり、「ため息をつく」ということです。

ため息をつくのは、だいたい悲しい時なので、「悲しみを態度に表す」「悲しんで泣く」「悲しむ」といった意味になりました。

現代語とそれほど意味が変わりませんので、「嘆く」とそのまま訳出しても問題ありませんが、傍線部が引かれ、それ自体が問われているのであれば、「悲しむ」「悲しんで泣く」などと訳しておくほうが無難です。

侍り 敬語動詞(ラ行変格活用) *丁寧語

「侍ら」は、動詞「侍り」の未然形です。

「侍り」には「謙譲語」と「丁寧語」の可能性があり、「謙譲語」なら「お仕えする」と訳し、「丁寧語」なら「あります・おります・ございます」などと訳します。

他の動詞について、補助動詞として使用されている場合には、「丁寧語」と考えます。

ここでは「嘆き」についているので、補助動詞であり、したがって「丁寧語」になります。

この場面では、「かぐや姫」が誰かに仕えているわけではないので、「侍り」は「丁寧語」と考え、「あります・おります・ございます」などと訳しましょう。

べし 助動詞

「べき」は、助動詞「べし」の連体形です。

文中に「か」があることにより、「係り結びの法則」がはたらき、結びの「べし」が連体形の「べき」になっています。

「べし」は、「推量」「意志」「可能」「当然」「命令」「適当」など、多くの意味がありますが、ここでは「なでふ(どうして)」がありますので、「推量」と判断し、「だろう」と訳します

「べし」だけなら「だろう」と訳す場面ですが、「侍り」という丁寧語とセットになっていますので、「です」+「だろう」を組み合わせて「でしょう」などと訳せるといいですね。

「ます」+「だろう」で「ましょう」などとしてもOKです。