つれづれなるままに 『徒然草』 現代語訳

『徒然草』より「つれづれなるままに」の現代語訳です。

つれづれなるままに、~

つれづれなるままに、日くらし、すずりに向かひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく、書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

(これといってすることもなく)手持ちぶさたなのにまかせて【所在なさにまかせて】、一日中、硯に向かって、心に浮かんでは消えていくとりとめもないことを、何というあてもなく、書きつけていると、変に正気を失ったような気持ちになる。

最重要単語である「つれづれなり」「あやし」の説明を貼っておきます。

 

********** 

 

********** 

■現代語訳
減点されない古文