からし【辛し】 形容詞(ク活用)

しょっぺえ状況がシンドイ

意味

(1)辛い・塩辛い  *主に味覚

(2)つらい・苦しい  *主に肉体的苦痛

(3)ひどい・むごい  *主に精神的苦痛

(4)いやだ  *(2)(3)ほど重い状況ではない

(5)あぶない・あやうい  *多く「命」に係る

(6)痛切だ・はなはだしい・並々でない  

「辛くして」のかたちで・・・

(1)やっとのことで

ポイント

ピリッと塩辛い、身体に刺激を与えるものを「からし」と言います。

現代語ではほとんど「食べ物」についてしか用いませんが、古語では「痛みを伴う刺激」に広く用いまして、多くは(2)か(3)の意味になります。

ある過酷な状況があるとして、肉体的にしんどいケースなら(2)で、精神的にしんどいケースなら(3)という感じで使い分けるのかな。

だいたいそんな感じなのですが、肉体的に過酷な状況はたいてい精神的にも過酷なので、どちらでも訳せるケースも少なくないです。

そんなに重い雰囲気で使っていなければ、(4)の「いやだ」くらいで訳しておくといいですね。

(5)は、現代でも、「からくも助かった」とか使うよね。

そうですね。

あるいは、現代語の「かろうじて難を逃れた」の「かろうじて」も、もとは「からうじて」です。

ああ~。

「ぎりぎりのところで」みたいな意味かな。

現代語では「ぎりぎりのところで」という意味合いで使用することもあるのですが、古語で「からくして」という表現があったら、「たいへん困難な状況を(クリアして)」とか、「さんざんな目を(乗り越えて)」といった意味で使用されています。訳語としては、「やっとのことで~」「どうにかして~」などとなりやすいです。

現代語での「あぶないところでかわして」というニュアンスは、古語の「からくして」にはありません。

「あぶない(ところをかわす)」という意味では、(5)のように「からき命(が助かる)」という表現にほぼ限定されます。

おそらくこの(5)の用法がもとになって、現代語の「かろうじて」に、「あぶないところで(かわす)」という意味が含まれていったのだと思います。

とにかく、古語では「からくして=(訳)やっとのことで」と覚えてしまったほうがいいですね。

例文

これほど文覚にからい目を見せたまひつれば、思ひ知らせ申さんずるものを、(平家物語)

(訳)これほど文覚にひどい目をみせなさったので【私をむごい目にあわせなさったので】、(報いを)思い知らせてさしあげようと思うものだが、

まめやかにさいなむに、いとからし。(枕草子)

(訳)(私のことを)本気で責め立てるので、たいそうつらい

辛しや、眉はしも烏毛虫だちためり。(堤中納言物語)

(訳)いやだなあ、眉はもう毛虫のようにみえる。

「ひどい」とか「つらい」とか言えるほどでもないので、「いやだ」くらいの程度として訳します。

からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。(徒然草)

(訳)あやうい命を拾って【あぶない命が助かって】、長く病気のままでいた。

「苦難を伴う命」ということですが、シンプルに訳せば「あぶない命」となります。

「あぶない・あやうい」と訳すのは、連体形で「命」に係っていくケースくらいだと考えて大丈夫です。

けしうはあらぬ歌詠みなれど、からう劣りにしことぞかし。(大鏡)

(訳)(好忠は)悪くはない歌人だけれど、(時と場合をわきまえないという点では)はなはだしく見劣りがしたものだ。

「痛切に」という語感から、程度がはなはだしいことも意味します。

この例文のように、たいていは悪いケースに用いるので、「ひどく~」と訳したりもします。

今日、辛くして、和泉の灘より小津の泊まりを追ふ。(土佐日記)

(訳)今日、やっとのことで、和泉の灘から小津の港を目指す。

「辛くして」という表現の場合、ほぼ副詞として扱われ、訳語も限定されます。

 

********** 

 

********** 

★重要単語
減点されない古文