たふ【耐ふ・堪ふ】 動詞(ハ行下二段活用)

意味

① 耐える・我慢する・もちこたえる

② 能力がある・すぐれる

ポイント

もともとは「手+合ふ=たあふ」⇒「たふ」だと言われていて、逆境や困難に対して身体的に抵抗するという意味合いでした。

そのことから、同じ意味をもつ「耐」「堪」を「たふ」と訓じたのでしょうね。「ふ」「ふ」という漢字のとおり、「える・える」という意味になります。これは現代語でも同じです。

問題として問われやすいのは②のほうの意味で、「逆境に耐え抜くだけの十分な能力がある」ということから、「すぐれている」などと訳すことがあります。

「がまんする」と「すぐれている」だと、ぜんぜん意味が違うから、訳するときに困るな。

けっこう前後の文脈でなんとかなります。

〇〇にたふ
〇〇にたへたり

などとなることが多いのですが、「〇〇に」の部分が、「逆境そのもの」であれば、「がまんする」「もちこたえる」などと訳します。

「〇〇に」の部分が、「能力を発揮する分野」であれば、「能力がある」「すぐれている」などと訳します。

また、「~たへる人」「~たへたる人」のように、人間存在を示す体言に係っていく場合は、「能力がある人」「すぐれている人」というように訳すことが多いですね。

ああ~。

たしかに、

「人、風雨にたふ」だと、「人が風雨に耐える(がまんする)」という意味だろうけど、「風雨にたへる人」だと、「風雨にもちこたえる能力がある人」って感じがするな。

そうですね。

たへる花
たへたる馬

などように、「人」でない可能性もありますので、原則的には前後の文脈で考えていきましょう。

あと、「たへる」とか言われると、「絶える」とか「途切れる」と訳したくなってしまう。

「絶える」「途切れる」と訳す古語は「絶ゆ(たゆ)」です。

これは「ヤ行下二段活用」なので、「へ」にはなりません。「やいゆえよ」で活用します。

たえず」「たえたり」「たえるとき」「たゆべし」などとなっていたら「たゆ」のほうですね。

「たへず」「たへたり」「たへるとき」「たふべし」などとなっていたら「たふ」のほうです。

こういうところで文法がきいてくるのか。

例文

作文の舟、管絃の舟、和歌の舟と分かたせたまひて、その道にたへたる人々を乗せさせたまひしに、(大鏡)

(訳)漢詩の舟、管絃の舟、和歌の舟とお分けになって、その道にすぐれている人々をお乗せになったが、

今はさやうのことにたへたる人なくて、口惜しう思しめしけり。(栄花物語)

(訳)今はそのような(序文を書く)ことに能力をもっている人がいなくて、(天皇は)残念にお思いになった。

ここでの「さやうのこと」は、「勅撰集の序文を書くこと」です。