つれづれなるままに『徒然草』現代語訳・品詞分解

本文

つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

徒然草

現代語訳

つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

することもなく手持ちぶさたなのにまかせて、一日中、硯に向かって、心に浮かんでは消えていくたわいないことを、とりとめもなく書きつけていると、変に正気を失ったような気持ちになる。

品詞分解

「名詞」と「接続助詞」には言及していません。

何も書いていないのは「名詞」か「接続助詞」です。

つれづれなる 形容動詞(ナリ・連体)

まま

に 格助詞(原因・理由)

日暮らし

に 格助詞(対象)

むかひ 動詞(ハ四・連用)

に 格助詞(場所)

うつりゆく 動詞(カ四・連体)

よしなしごと

を 格助詞(対象)

そこはかとなく 形容詞(ク・連用)

書きつくれ 動詞(ラ下二・已然)

あやしう 形容詞(シク・連用)*ウ音便

こそ

ものぐるほしけれ 形容詞(シク・已然)