あし【悪し】 形容詞(シク活用)

意味

① 悪い・とても悪い

② その他「悪い・とても悪い」に相当する訳
   みすぼらしい・いやしい
   下手だ・拙い
   不快だ・不愉快だ
   臭い・汚い・醜い
   醜い・間違っている など

ポイント

古文の世界には、善悪の基準として、「よし>よろし>わろし>あし」という4つの段階がありました。

最もよいのが「よし」で、最も悪いのが「あし」です。

そのため、「あし」と評されているものがあったら、それは「きわめて悪い」ものであると判断しましょう。

現代語で言うと、「マジ最悪」みたいな感じかな。

そうです。

「臭い」「ひどい」「汚い」など、多様な訳になります。

記述問題であれば、「〇〇が悪い」というように、何が悪いのかがわかるように書いていれば問題ありません、選択肢問題の場合、「とても悪い」に該当する様々なニュアンスで訳されますので注意が必要です。

たとえば、記述なら「気分が悪い」と書けばいいところを、選択肢では「不愉快だ」などと訳されることも多いですね。

例文

今日、風雲のけしきはなはだあし。(土佐日記)

(訳)今日は、風雲の様子がたいそう悪い

記述なら「(天候が)悪い」でOKですが、選択肢問題なら、「荒れているなどと訳す可能性があります。

精進物のいとあしきをうち食ひ、(枕草子)

(訳)精進物のとても味が悪いのを食べ、

記述問題なら「味が悪い」としておけばいいのですが、選択肢問題なら、「まずい」などと訳す可能性があります。

げす女のなりあしきが子を負ひたる。 (枕草子)

(訳)身分の低い女で身なりがみすぼらしいのが子供を背負っている。

これも「身なりが悪い」で通じますが、「みすぼらしい」などと訳す可能性がありますね。

これらのように、「あし」は、文脈によってあらゆる悪口で使用されますので、柔軟に考えましょう。