滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ (大納言公任)

たきのおとは たへてひさしく なりぬれど なこそながれて なほきこえけれ

和歌 (百人一首55)

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ

大納言公任 『千載和歌集』

歌意

滝の音は、途絶えてもう長い年月が経ってしまったが、その名声は世間に流れて、今なお評判になっていることだなあ。

作者

作者は「大納言公任」です。「藤原公任きんとう」のことです。

関白太政大臣「藤原頼忠よりただ」の長男であり、円融天皇・花山天皇の時代には順調に出世していきました。

しかし、一条天皇の即位に際して、その祖父「藤原兼家かねいえ」が実権を持っていき、兼家は息子の「道隆みちたか」「道兼みちかね」「道長みちなが」を昇進させていきます。「道長」は「公任」と同い年です。

花山天皇の時代には、公任のほうが道長よりも位階が上でしたが、一条天皇即位の翌年には、道長が従三位まで一気に昇進したことで、道長のほうが上位になりました。

道長に追い越されちゃったんだな。

とはいえ、公任の才能の誉れはたいへんなものでした。

『大鏡』には次のエピソードがあります。

なんでもできて優秀だったんだなあ。

ポイント

滝の音は

『千載和歌集』の詞書きには、「大覚寺に人あまたまかりたりけるに古き滝を詠み侍りける」とあります。

嵯峨天皇が離宮に「大沢池」という池を造ったのですが、そこに流れ入る人工の滝も造ったのですね。なにしろ嵯峨院の離宮ですから、この滝も立派なものとして有名であったようです。

この離宮嵯峨院は、のちに大覚寺となりました。大沢池は今なお健在ですが、公任の時代には滝はほぼ枯れてしまっていたそうです。

ちなみに同時代の赤染衛門は次のように詠んでいます。

あせにける いまだにかかる 滝つ瀬の 早くぞ人の 見るべかりける

「勢いが衰えてきた、いまでも(岩に)かかる滝の流れを、早く人が見なければならないなあ」ということですね。

「早く見ておかないとなくなっちゃうよ」ということでしょうね。

ちょろちょろ流れていたのかな。

雨が降ったあとだけ流れるとか、そんな感じだったのかもしれませんね。

絶えて久しく

赤染衛門の歌から考えると、滝は「あせにける(衰えた)」状態であったことになりますから、往時の「音」はしなかったのでしょうね。

「音がなくなってずいぶん経った」ということなんだな。

なりぬれど

「なり」は、動詞「なる」の連用形で、「ぬれ」は完了の助動詞「ぬ」の已然形です。

「ど」は逆接の接続詞なので、「なってしまったが」ということですね。

名こそ流れて

「名は世間に流れて」

ということなので、名声がとどろいていたのでしょうね。

「こそ」は係助詞なので、結びは已然形になります。

「流れ」は「滝」の縁語です。

この歌によって、大覚寺の滝があったところを「名古曽の滝」と呼ぶようになりました。

なほ聞こえけれ

「なほ」は、「依然として」「相変わらず」という意味の副詞です。

「聞こえ」は、動詞「聞こゆ」の連用形です。

「申し上げる」という謙譲語として用いる場合も多いのですが、ここでは素直に「聞こえてくる」という意味になります。

「世間のあいだでよく耳に聞こえてくる」ということから、「評判になる」「有名である」などと訳してもOKです。

「けれ」は、助動詞「けり」の已然形です。

係助詞「こそ」があるので、結びが已然形になっています。

「けり」には、「過去」の意味と「詠嘆」の意味がありますが、和歌や会話文では高確率で「詠嘆」になります。

ここも「詠嘆」の用法ですね。この「詠嘆」の用法を「〈気づき〉のけり」と呼ぶこともあります。

まとめると、「依然として耳に聞こえてくるなあ」といった訳になります。

 

********** 

 

********** 

〇和歌
減点されない古文