ある人、弓射ることを習ふに『徒然草』現代語訳

兼好の随筆『徒然草』です。

鎌倉時代末期以降の成立とされていますが、誰がいつどうやってまとめたのかということについては、詳しくわかっていません。

本文

 ある人、弓射ることを習ふに、諸矢もろやをたばさみて的に向かふ。師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。のちの矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。毎度ただ得失とくしつなく、この一矢に定むべしと思へ。」と言ふ。わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろかにせんと思はんや。懈怠けだいの心、自ら知らずといへども、師これを知る。この戒め、万事にわたるべし。道を学する人、夕べには朝あらんことを思ひ、朝には夕べあらんことを思ひて、重ねてねんごろに修せんことを期す。いはんや一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らんや。なんぞ、ただ今の一念において、ただちにすることのはなはだかたき。

徒然草

現代語訳

ある人、弓射ることを習ふに、諸矢もろやをたばさみて的に向かふ。師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。のちの矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。毎度ただ得失とくしつなく、この一矢に定むべしと思へ。」と言ふ。

ある人が、弓を射ることを習うときに、二本の矢を手に挟み持って的に向かう。師が言うことには、「初心者は、二つの矢を持ってはいけない。あとの矢をたよりにして、最初の矢をおろそかにする心がある。(的に向かう)たびごと、ただ当たるか当たらないかを考えず、この一矢で決めようと思え。」と言う。


わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろかにせんと思はんや。懈怠けだいの心、自ら知らずといへども、師これを知る。この戒め、万事にわたるべし。

わずかに二本の矢で、師の前で、一本をおろそかにしようと思うことがあろうか、いや、思うはずがない。(しかし)油断し怠る心は、自分では気づかなくても、師はこれを知る。この戒めは、全てのことに通じるにちがいない。


道を学する人、夕べには朝あらんことを思ひ、朝には夕べあらんことを思ひて、重ねてねんごろに修せんことを期す。いはんや一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らんや。なんぞ、ただ今の一念において、ただちにすることのはなはだかたき。

仏道を学ぶ人は、夕方には翌朝があるようなことを思い、朝には夕方があるようなことを思って、再び丁寧に修行するようなことを計画する。まして一瞬のうちにおいて、油断し怠る心があることに気づくだろうか、いや、気づきはしない。どうして、ただ今の一心においてただちに実行するのは、(こんなにも)たいへん難しいのか。